BookLive「ブックライブ」の狙撃者がいる無料試し読みコーナー


誰にも知られることなく起こり、そして終わる主人公は、およそ生活感のない一人の女性。彼女はピストルと、ピストルがもたらす狙撃に興味がある。しかしピストルの入手は日本では許されない行為だからカリフォルニアに渡ってピストルと、自分が持って生まれた狙撃の名手である、という事実を入手する。その後に行なわれる行動は、日常に亀裂を入れたい、という彼女の欲求のままに行なわれ、モラルや感情は一顧だにされない。すべては冷静に、最も怖ろしいままに進行する。そして被害者がすべて男性である、という事実をはたしてどう受け止めるべきなのか?【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



狙撃者がいる無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


狙撃者がいる「公式」はコチラから



狙撃者がいる


>>>狙撃者がいるの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)狙撃者がいるの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は狙撃者がいるを取り揃えています。狙撃者がいるBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると狙撃者がいるは270円で購入することができて、狙撃者がいるを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで狙撃者がいるを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)狙撃者がいるを勧める理由


利益が発生しない無料漫画を敢えて配置することで、サイト訪問者を増やし収益増に結び付けるのが業者にとっての狙いですが、逆の立場である利用者も試し読みができるので失敗がなくなります。
必ず電子書籍で購入するという方が増加しています。持ち歩きすることも要されなくなりますし、本をしまう場所も必要ないからです。更に言えることは、無料コミックも用意されているので、試し読みも簡単にできます。
常に新作が追加されるので、毎日読んだとしても全部読み終えてしまうという状況にはならないというのがコミックサイトなのです。書店では販売されないマイナーな作品も閲覧可能なのです。
「電子書籍は嫌いだ」とおっしゃる人も多いようですが、1回でもスマホを用いて電子書籍を読んだら、持ち運びの便利さや購入までの簡便さからハマってしまう人がほとんどだと聞きます。
店頭販売では、本棚のスペースの問題で並べられる本の数が限られてしまいますが、BookLive「狙撃者がいる」ではそうした問題がないため、マニア向けの書籍もあり、注目されているわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ