BookLive「ブックライブ」の八月の上半身無料試し読みコーナー


あの瞬間はもはやどこにもなく、そして目の前にあるものはなにか?作家がいる。作家はストーリーを自分の頭で考えるが何らかの外部からの刺激も必要だ。例えば一人の女性。バーに、あの女性がいたらいいな、と思えばいるし、思いがけず京都で再会したりもする。そんな都合よく……って当然だ、だってこれは片岡義男の小説なのだから。そして女性との会話の中には彼に書くことをうながしたまた別の女性、今では自分も作家になった女性の話題が出て会話に奥行きが生まれる。ある時、タイトルの着想が生まれ、そしてその時間もまた去っていき、さて今、彼の目の前にあるものは?【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



八月の上半身無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


八月の上半身「公式」はコチラから



八月の上半身


>>>八月の上半身の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)八月の上半身の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は八月の上半身を取り揃えています。八月の上半身BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると八月の上半身は270円で購入することができて、八月の上半身を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで八月の上半身を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)八月の上半身を勧める理由


老眼が悪化して、近いものがぼや~っとしか見えなくなってきたという高齢の読書好きな方には、スマホ上で電子書籍が閲覧できるようになったというのは画期的なのです。フォントの大きさを読みやすく調整可能だからです。
最新刊は、本屋で中を確認して購入するかしないかをはっきり決める人が大半だと聞きます。しかしながら、昨今はBookLive「八月の上半身」のサイト経由で1巻を購入し、その本を購入するのか否かを決定する方が増えてきています。
マンガの売上は、ここ数年下降線をたどっているのです。今までのマーケティングにこだわることなく、積極的に無料漫画などを提案することで、新規利用者数の増大を目論んでいます。
子供の頃からちゃんと本を買っていたと言われるような方も、電子書籍を試してみた途端、普通の本に不便さを感じるようになるということが多いとのことです。コミックサイトもたくさん見られますから、是が非でも比較してから選択してください。
「どこから書籍を買うのか?」というのは、想像以上に大事なことだと言えます。購入代金とかシステム内容などが異なるわけですから、電子書籍につきましては詳細に比較して決めないとならないのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ