BookLive「ブックライブ」の思い出の十二号埠頭無料試し読みコーナー


そして十年後も豪雨の日を迎える女には、恋人と呼んで差し支えない相手がいた。その男が、話をしたい、ということでセダンで迎えに来る。女は激しい気性で、日本車の惨めさについて、戦後日本社会の貧弱さについて意見をぶちまける。やがて天候が変わり、湾岸線を走る車の上に豪雨が訪れる。彼女は豪雨の中、危険も顧みず、途方もない行動に出る……それからちょうど10年後の同じ日。また同じような天候だ。はたして彼女は何を思うのか? 短篇「八月の上半身」に話題としてのみ出てくる女性がここでは主人公。ぜひ、併読をお勧めしたい。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



思い出の十二号埠頭無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


思い出の十二号埠頭「公式」はコチラから



思い出の十二号埠頭


>>>思い出の十二号埠頭の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)思い出の十二号埠頭の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は思い出の十二号埠頭を取り揃えています。思い出の十二号埠頭BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると思い出の十二号埠頭は270円で購入することができて、思い出の十二号埠頭を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで思い出の十二号埠頭を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)思い出の十二号埠頭を勧める理由


コミックの購買者数は、だいぶ前から少なくなっているというのが実際のところです。既存の販売戦略に固執せず、あえて無料漫画などを市場投入することで、利用者の増加を企図しています。
連載系の漫画は何冊もまとめて買う必要があるため、ひとまず無料漫画で試し読みするという人が目立ちます。やっぱりその場ですぐに書籍を購入するのは敷居が高いということなのでしょう。
本を購読するより先に、BookLive「思い出の十二号埠頭」で少し試し読みしてみるというのが今では一般的です。物語のあらすじや主要登場人物の見た目などを、購入するより先に知ることができます。
BookLive「思い出の十二号埠頭」を楽しむなら、やっぱりスマホじゃないでしょうか?大きなパソコンは持ち運ぶことが不可能ですし、タブレットも電車の中などで閲覧したというような場合には不向きだと考えることができます。
BookLive「思い出の十二号埠頭」で漫画を購入すれば、家のどこかに本の収納場所を作ることが必要なくなります。最新の本が出ていないかと書店に足を運ぶ時間も節約できます。こうしたポイントから、使用する人が急増しているのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ