BookLive「ブックライブ」のよくわかる 仏像彫刻 思い通りに彫る55のコツ無料試し読みコーナー


道具と素材の選び方から、作品の仕上げまで、「仏師の技」を写真と図解でわかりやすくご紹介します。★☆★ はじめに ★☆★日本独自の歴史と文化にはぐくまれた仏像彫刻に向き合う喜びを体験してください。木彫りの仏像彫刻というのは、千数百年にわたる歴史にはぐくまれてきた日本独自の文化であり、何世紀にもわたって、師から弟子へとその努力や技術が受け継がれてきた、かけがえのない歴史遺産です。何百年という時間をかけて育ってきた木に向かい合い、仏像を彫っていると豊かな木の香りに包まれ、触れているだけで優しく温かい気持ちに心が満たされるのを感じます。・・・中略・・・仏像制作は、慣れないとたいへんな作業に思われるかもしれませんが、実際に作品が完成した時の喜びはとても大きく、何物にも代えがたいものです。ひたむきに作品に向き合い、心を込めて彫ることで、誰でもその人らしい作品を作り出すことができます。仏像彫刻は男女年代を問わず、どなたでも始められるすばらしい趣味です。ぜひ自らの手で仏像彫刻の奥深い世界に触れてみてください。監修者;仏師 関 ?雲(せき こううん)(?心会 仏像彫刻・木彫刻教室代表)*****目  次*****★ 第1章材料と道具の選び方◎ ポイント1よく使われる材料の種類や特徴を知る◎ ポイント2必要な彫刻刀を揃える◎ ポイント3その他の道具を揃える★ 第2章主な道具の使い方と手入れのしかた◎ ポイント4彫刻刀を正しく持つ◎ ポイント5彫刻刀を正しく研ぐ★ 第3章失敗しない地紋彫りの方法を知る◎ ポイント6地紋彫りをきれいに仕上げる★ 第4章寸法比率の基本を知り粘土像を制作する◎ ポイント7仏像の寸法比率を知る◎ ポイント8粘土像で全体のイメージをつかむ★ 第5章仏像彫刻作品作りに挑戦◎ ポイント9立体制作の基本概念を知る◎ ポイント10型紙を使って材料を切り出す◎ ポイント11徐々に細かく掘る◎ ポイント12手を美しく仕上げる◎ ポイント13足を美しく仕上げる◎ ポイント14頭部を美しく仕上げる★ 第6章さらに仏像彫刻を深く知る◎ ポイント15多くの仏像を拝観し見る目を養う◎ ポイント16教室に通って指導を受ける<参考>主な仏像とその特徴仏の三十三相仏像制作Q&A 1仏像制作Q&A 2仏像制作Q&A 3作品紹介師 斎藤 ?琳先生仏師 関 ?雲仏師 紺野 ?慶※本書は、2012年発行の「思い通りに彫れる 仏像彫刻 上達のポイント」を元に、加筆・修正を行っています。
続きはコチラ



よくわかる 仏像彫刻 思い通りに彫る55のコツ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


よくわかる 仏像彫刻 思い通りに彫る55のコツ「公式」はコチラから



よくわかる 仏像彫刻 思い通りに彫る55のコツ


>>>よくわかる 仏像彫刻 思い通りに彫る55のコツの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)よくわかる 仏像彫刻 思い通りに彫る55のコツの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はよくわかる 仏像彫刻 思い通りに彫る55のコツを取り揃えています。よくわかる 仏像彫刻 思い通りに彫る55のコツBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとよくわかる 仏像彫刻 思い通りに彫る55のコツは2667円で購入することができて、よくわかる 仏像彫刻 思い通りに彫る55のコツを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでよくわかる 仏像彫刻 思い通りに彫る55のコツを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)よくわかる 仏像彫刻 思い通りに彫る55のコツを勧める理由


マンガ雑誌などを購入する時には、中身をざっくりと確かめてから決断する人が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読みのように中身をチェックすることができるのです。
お金にならない無料漫画を敢えて提案することで、利用者数を増やしそこから販売につなげるのが販売会社側のメリットですが、反対にユーザーにとっても試し読みが出来るので助かります。
「どこから書籍を入手するか?」というのは、かなり重要な事です。売値やコンテンツなどに差異があるのですから、電子書籍と申しますのは比較しなくてはいけないでしょう。
スマホを通して電子書籍を購入しておけば、職場までの移動中やお昼の時間など、場所に関係なく読むことができます。立ち読みも気軽にできるため、本屋まで出かける必要など皆無です。
「すべての本が読み放題であれば、こんなに良い事はない!」という漫画オタクの要望を元に、「月額料を払えば毎回の支払いはいらない」というスタイルの電子書籍が考案されたのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ