BookLive「ブックライブ」のみんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本無料試し読みコーナー


日本・世界の戦争と、それにまつわる「戦争遺産」を紹介し、今の小学生に継承する一冊。 戦いによる「負の遺産」を心に刻み、争いのない世界への想いをあらたに! 二度の世界大戦の戦跡を中心に、軍事施設跡や内戦の爪痕などを紹介。 歴史や背景もわかりやすく解説。 調べ学習に役立つビジュアル版。● 原爆ドーム ( 広島 )● 平和記念像 ( 長崎 )● 東京湾要塞の猿島 ( 神奈川 )● 沖縄平和祈念公園 ( 沖縄 )● バンザイ・クリフ ( サイパン )● ナチスドイツ強制収容所 ( ドイツ/ポーランド )● スタリ・モスト ( ボスニアヘルツェゴビナ )● クネイトラ ( シリア )● キリング・フィールド ( カンボジア )● クチの地下道 ( ベトナム ) 他人類の歴史は常に戦争とともにありました。人々は資源や土地、思想やプライドを賭けて争い、その跡にはたくさんの悲しみが残ります。それは日本も同様で、近代兵器による戦争が始まると、戦いは海を越え多くの人々や建物、土地を破壊し侵略していきました。世界にはこのような争いの影響を受けた軍事施設や工場、戦争に関する建造物や事件の跡地がたくさんあり、これらを「戦争遺跡」と呼びます。「戦争遺跡」から得られる情報は貴重で、現在は史跡や文化財に指定され、保存されているものも多くあります。これらは「負の遺産」であり、当時のできごとを知る教材でもあり、平和の問題を考えるきっかけとなるものです。歴史の感じ方や捉え方はひとによって異なり、正解もありません。ただ、事実として、目をそむけたくなるような「悲惨な悲しい歴史」があったのは確かです。この本を読んで戦争を知り、平和の大切さを学び、また自分自身で考え・感じてもらい、みなさんの学習を深めることができればと願っています。
続きはコチラ



みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本「公式」はコチラから



みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本


>>>みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はみんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本を取り揃えています。みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとみんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本は1641円で購入することができて、みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでみんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本を勧める理由


電子無料書籍をうまく活用すれば、敢えて販売店まで訪ねて行って内容を確認する必要がなくなります。こうしたことをしなくても、「試し読み」することで中身の把握が可能だからなのです。
他の色んなサービスを押しのけて、ここ数年無料電子書籍というシステムが拡大している理由としては、近場の本屋がなくなりつつあるということが指摘されています。
漫画本というものは、読了後に古本屋に出しても、わずかなお金しか手にできませんし、もう一度読み返したいと思ったときに困ります。無料コミックであれば、場所は不要なので片付けに悩むことがなくなります。
かなりの数の方が無料アニメ動画を楽しんでいます。空き時間とか通勤途中の時間などに、簡単にスマホで視聴できるというのは、本当に重宝するはずです。
漫画雑誌と言えば、「少年少女をターゲットに作られたもの」というイメージを持っているのではありませんか?しかしながら近頃のBookLive「みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本」には、30代~40代の方が「昔懐かしい」とおっしゃるような作品も多く含まれます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ