BookLive「ブックライブ」の部活で吹奏楽 クラリネット上達BOOK無料試し読みコーナー


演奏テクニックから部活としての取り組みまで、ステップアップのためのポイントがわかる!♪ 毎日できる練習メニュー♪ アンサンブルと合奏のコツ♪ 本番に強いメンタル育成…etc.********はじめに********本書を手にされる方々のほとんどは、現在、学校の部活などでクラリネットを一生懸命練習されている方々ではないかと思います。ロングトーン、タンギング、スケール・・・など、毎日いろいろな方法でレベルアップにつとめていることと思います。私がクラリネットの指導を通じていつも感じるのは、「すべては正しいアンブシュアと基本力に尽きる」ということです。クラリネットを始めて間もない頃から正しいアンブシュアとタンギング、指使いを身につけておくと、それは大きな武器となり、一生の財産になります。・・・ 中略・・・部活でお互いに励まし合って練習し、同じ苦労や喜びを経験した音楽仲間たちは、クラリネットという楽器とともにあなたの宝物になります。クラリネットを人生のパートナーとして、いつまでも仲間たちとともに豊かな音楽人生を楽しんでください。加藤 純子クラリネット指導者******目次******序章全4項目アンブシュアはクラリネットの基本◎ コツ01正しい姿勢と楽器の構え方◎ コツ02正しいアンブシュアを身につけよう◎ コツ03マウスピースだけで吹いてピッチを確認しよう◎ コツ04呼吸とブレスを練習しよう第1章全10項目10の基本練習で楽器に慣れよう◎ コツ05 低い音域のロングトーンを練習しよう◎ コツ06低い音域を少し早く吹いてみよう◎ コツ07レジスターキーで音域を広げよう・・・他7項目第2章毎日続けたいステップアップのための練習メニュー ◎ コツ15ロングトーンでウォーミングアップ◎ コツ16いろいろなタンギングを練習しよう◎ コツ17スタッカートを練習しよう・・・他4項目第3章全5項目◎ コツ22ウォーミングアップはパート全員で◎ コツ23全員の音色と音程をしっかり合わせる◎ コツ24アインザッツとブレスを揃える・・・他2項目第4章クラリネットアンサンブルで表現力を磨こう全8項目◎ コツ27楽器ごとの特徴と役割分担を理解しよう◎ コツ28特殊楽器に慣れよう1Esクラリネット◎ コツ29特殊楽器に慣れよう2バスクラリネット・・・他4項目第5章合奏のパフォーマンスを追求しよう全6項目◎ コツ35まわりの音を良く聴きながら演奏する◎ コツ36自分のパートと他のパートの関係を意識する◎ コツ37他の楽器との合わせ方にも気を配る・・・他2項目第6章楽器の扱いとメンテナンス全3項目◎ コツ41リードの選び方と使い方◎ コツ42楽器の扱い方◎ コツ43日常のメンテナンス第7章本番で最高の演奏をしよう! 全10項目◎ コツ44日常から本番の舞台を想定して練習する◎ コツ45本番直前と当日の過ごし方にも気を配る◎ コツ46リハーサルではホールの響きになるべく早くなれる・・・他7項目参考1半音階練習のバリエーション参考2リズム練習のバリエーション参考3パートとしての音色を揃える参考4替え指を探して音程を合わせようクラリネット Q & A 1?
続きはコチラ



部活で吹奏楽 クラリネット上達BOOK無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


部活で吹奏楽 クラリネット上達BOOK「公式」はコチラから



部活で吹奏楽 クラリネット上達BOOK


>>>部活で吹奏楽 クラリネット上達BOOKの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)部活で吹奏楽 クラリネット上達BOOKの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は部活で吹奏楽 クラリネット上達BOOKを取り揃えています。部活で吹奏楽 クラリネット上達BOOKBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると部活で吹奏楽 クラリネット上達BOOKは1674円で購入することができて、部活で吹奏楽 クラリネット上達BOOKを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで部活で吹奏楽 クラリネット上達BOOKを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)部活で吹奏楽 クラリネット上達BOOKを勧める理由


スマホを利用しているなら、BookLive「部活で吹奏楽 クラリネット上達BOOK」を簡単に閲覧できます。ベッドに寝そべりながら、眠くなるまでのリラックスタイムに読むという人がかなり多いと聞いております。
顧客数が増加し続けているのが昨今のBookLive「部活で吹奏楽 クラリネット上達BOOK」です。スマホで漫画を満喫することが簡単にできるので、カバンに入れて本を持ち歩くことも不要で、出かける時の荷物を少なくできます。
比較検討後に、利用するコミックサイトを選定する人が多くなっているそうです。ネットで漫画をエンジョイしたいなら、幾つものサイトの中より自分にふさわしいものをセレクトするようにしないといけません。
「どこのサイトを通じて本を手に入れるか?」というのは、非常に重要なポイントだと言えます。値段やコンテンツなどが異なるわけですから、電子書籍につきましては比較して選択しないといけないと断言できます。
無料電子書籍を閲覧することにすれば、暇過ぎて時間だけが過ぎ去っていくなんてことがなくなります。仕事の空き時間とか通勤時間などでも、想像以上に楽しむことができると思います。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ