BookLive「ブックライブ」のslide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新無料試し読みコーナー


※この商品は固定レイアウト/カラーで作成されています。お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいたうえでのご購入をお願いいたします。※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。TEDだけがプレゼンじゃない!!毎日のプレゼンに変革をもたらす、スライド資料作成のためのデザインメソッド。どんな職業であれ、どんな立場であれ、誰でも一度は重要なプレゼンテーションを行った経験があるはずです。社内稟議、企画会議、クライアント提案、顧客アピール……むしろビジネスは、日々プレゼンテーションの積み重ねであり、そのスキルがキャリアに直結しているとも言えるでしょう。プレゼンソフトは、ビジネスマンにとってビジュアル思考を要求される数少ないツールです。しかし、言語能力とは違い、ビジュアル表現能力を発揮するのはけっして簡単ではありません。それなのに、こうしたスキルは、学校や研修ではあまり教えられていないのもまた現実です。こうした「隙間」を埋めてくれるのが本書です。本書の著者ナンシー・デュアルテは、アカデミー賞に輝いたアル・ゴアの『不都合な真実』のプレゼンを制作したことでも知られるデュアルテ社のCEOであり、世界有数のトップ企業のプレゼン制作を数多く制作しています。彼女のこれまでの経験から、「コンセプト思考」と「印象的なデザイン」の融合を図り、効果的なビジュアルストーリーを作成するための、手軽で実践的なアドバイスをあますところなく公開しています。本書を読めば、以下のことが可能になります。●聴衆と心のつながりを築く●アイデアをビジュアルに変換する●図表作成のテクニックを身につける●一目で伝わるグラフィックを作成する●真に影響力のあるプレゼンを作り出す●プレゼンツールを有効活用するこれまでに何百万回ものプレゼンが行われ、何十億枚ものスライドが生み出されてきました。しかし、その大半は、箇条書きに頼ったお粗末なものです。これからの時代にこそ必要なビジネススキルである「ビジュアル思考」を身につけ、心を響かせ、人を動かすプレゼンテーションを実現しましょう。
続きはコチラ



slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新「公式」はコチラから



slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新


>>>slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はslide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新を取り揃えています。slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとslide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新は2235円で購入することができて、slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでslide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新を勧める理由


BookLive「slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新」はスマホやパソコン、ノートブックで読むことが可能です。ほんの少しだけ試し読みが可能になっているので、それによってその漫画を読むかをはっきり決める人が多数いると聞きます。
超多忙な毎日でアニメを見る時間的余裕がないという社会人にとっては、無料アニメ動画がピッタリです。毎回同じ時間帯に視聴するという必要性はないので、空いている時間に見られます。
手軽にダウンロードして楽しむことができるのが、無料電子書籍の特長です。店頭まで足を運ぶ必要も、ネットで買い求めた書籍を受け取る必要もないというわけです。
日常的に本をたくさん読むという人からしますと、月額固定料金を支払えばいくらでも読み放題という形でエンジョイできるというユーザーからの評価も高いシステムは、まさに革命的だと高く評価できるでしょう。
次々に新たな漫画が配信されるので、どれだけ読もうとも読みつくす心配をする必要がないというのがコミックサイトの売りです。本屋では扱わなくなってしまった珍しい作品も購入可能です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ