BookLive「ブックライブ」の弥勒無料試し読みコーナー


栗本薫唯一の私小説。死産で産まれた弟との葛藤を描き、栗本薫・中島梓を知る上で欠かせない作品。栗本薫は『ぼくらの時代』で華々しく文壇デビューした後、グイン・サーガ・シリーズを発表した1979年に文芸誌「群像」に唯一の私小説「弥勒」を発表した。この作品は死産で産まれ、3歳のときに日本脳炎のために意識もないままに寝たきりとなった弟との葛藤を描いて、栗本薫・中島梓の一生を苦しめ続けた激烈な怒り・悲哀が赤裸々に語られた作品である。『弥勒』の続編として手を付けられたまま、完成することのなかった断片「56億年の弥勒」を併載。解説は元群像編集長、内藤裕之氏。【著者】中島梓1953年東京生まれ、2009年に病没。1977年に群像新人文学賞評論部門を、1978年に江戸川乱歩賞を受賞して文壇デビュー。小説は栗本薫名義で、評論などその他の活動は中島梓名義で発表する。正伝130巻、外伝21巻のグイン・サーガ・シリーズ始め、400点を越える著作が刊行された。
続きはコチラ



弥勒無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


弥勒「公式」はコチラから



弥勒


>>>弥勒の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)弥勒の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は弥勒を取り揃えています。弥勒BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると弥勒は410円で購入することができて、弥勒を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで弥勒を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)弥勒を勧める理由


不要なものは捨て去るというスタンスがたくさんの人に理解してもらえるようになった今日この頃、本も例外でなく書冊として所持したくないために、BookLive「弥勒」経由で読む人が増えているようです。
利用料のかからない無料漫画を読めるようにすることで、集客数を上げ売上につなげるのが事業者サイドの目的というふうに考えられますが、一方利用者側にとっても試し読みが可能なので、失敗が少なくなります。
購入後に「期待していたよりも全く面白くない内容だった」というケースであっても、読んでしまった書籍は返品することなどできるはずがありません。だけど電子書籍なら試し読みをすることが可能ですので、そうした状況を予防できます。
BookLive「弥勒」の販促戦略として、試し読みが可能というのは画期的なアイデアではないかと思います。時間を忘れて本の中身をチェックすることができるので、ちょっとした時間を上手に利用して漫画選びができます。
サービスの充実度は、運営会社によって異なります。そういうわけで、電子書籍をどこで買うのかというのは、比較検討すべき事項だと考えています。適当に決定すると後悔します。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ