BookLive「ブックライブ」の逢いたかったのに無料試し読みコーナー


「逢いたい」と「逢いたかった」は同じか、違うのかふとしたことで、流れが変わってしまうことはある。「逢いたいな」と思って何度か電話をした女性に逢うことができず、ふと一人になった時に、バッタリ別の女性に逢ってしまう。その日はずっとそのまま二人で……ということになったりする。問題はそれ以降だ。最初に逢いたいと思った女性と連絡が取れ、そして2度目の偶然が訪れるとなると事態はやや複雑になる。その時、この男はいったいどうしたのか? 答えはこの短篇を読んでみてください。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



逢いたかったのに無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


逢いたかったのに「公式」はコチラから



逢いたかったのに


>>>逢いたかったのにの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)逢いたかったのにの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は逢いたかったのにを取り揃えています。逢いたかったのにBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると逢いたかったのには270円で購入することができて、逢いたかったのにを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで逢いたかったのにを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)逢いたかったのにを勧める理由


電子書籍を買うというのは、情報をゲットすることだと言えます。サービスを提供している会社が倒産してしまうようなことがあったら利用できなくなるはずですので、しっかりと比較してから安心のサイトを選ぶようにしましょう。
月額利用料が一定のサイト、登録することなしに利用可能なサイト、1巻ずつ購入が必要なサイト、無料の作品が数多くあるサイトなど、コミックサイトも様々違いが見られますから、比較してみてください。
電子書籍のデメリットとして、気付かないうちに支払金額が高くなっているということがあり得ます。しかし読み放題サービスならあらかじめ料金が決まっているので、読み過ぎても支払が高額になることは絶対ないと言えます。
「詳細を把握してからじゃないと買いたくない」と考えている利用者からしたら、無料漫画というのはメリットの大きいサービスだと言えます。販売者側からみても、新規ユーザー獲得に結び付くわけです。
既に絶版になった漫画など、小さな書店では取り寄せを頼まないと読むことができない書籍も、BookLive「逢いたかったのに」の形で豊富に並んでいるため、その場で直ぐにダウンロードして閲覧可能です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ