BookLive「ブックライブ」の没になった短編小説無料試し読みコーナー


似たもの同士、とは言わないが……かつて音楽活動のグループを組んでいた5人が、久々に再会する。5人の内訳は女3、男が2。カップルが二つあり、一人だけ残された女性のバックアップ・コーラスを、二組が務める、というなかなか不思議な成り行きだ。人が集まればうまくいかないこともあり、互いの弱さがあり、しかしそうした弱さにはどうやらパターンがあるようだ、という認識がこの小説では「フラクタル」の概念を使って説明されている。海岸線の卓抜な比喩が、5人の存在にどことなく重なり合うはずだ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



没になった短編小説無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


没になった短編小説「公式」はコチラから



没になった短編小説


>>>没になった短編小説の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)没になった短編小説の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は没になった短編小説を取り揃えています。没になった短編小説BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると没になった短編小説は270円で購入することができて、没になった短編小説を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで没になった短編小説を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)没になった短編小説を勧める理由


CDをちょっとだけ聞いてから買うように、漫画も試し読みしてから買い求めるのが主流になってきたように思います。無料コミックをうまく活用して、気になっていた漫画を調査してみましょう。
流行のアニメ動画は若者だけがエンジョイできるものだと考えるのは誤りです。アダルト世代が見ても思わず唸ってしまうようなストーリーで、壮大なメッセージ性を持ったアニメも多くなっています。
「サービスの比較はせずに決定した」といった方は、無料電子書籍はどこも変わり映えしないという感覚なのかもしれないですが、サービスの詳細に関しては運営会社毎に異なりますので、比較検証することは非常に大事だと断言します。
漫画離れが製作者の頭痛の種ですが、電子書籍は今までにない仕組みを提案することによって、ユーザー数を増やしつつあります。昔ではありえなかった読み放題という利用の仕方がそれを実現させました。
コンスタントに新作が追加になるので、何十冊読んでも読む漫画がなくなるおそれがないというのがコミックサイトの利点です。本屋では扱わなくなってしまった昔懐かしい作品も購入できます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ