BookLive「ブックライブ」の私とキャッチ・ボールをしてください無料試し読みコーナー


男のこでなくておあいにくさまさりげない遭遇の冒頭から女と男、二人の高校生がするすると川原でキャッチ・ボールをする場面にたどりついてしまう。気持ちと気持ちの交換を比喩で表現する際に人は「キャッチ・ボール」という言葉をしばしば使うがここにあるのは本物のキャッチ・ボールでありボールを投げることと受けること、その人が投げるボールに対するさわやかな驚きこそが主役である。二人には、両親の離婚、という共通点があり、そしてそれぞれの片親(男子の母、女子の父)もまたキャッチ・ボールの場面に現れるのがユニークだ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



私とキャッチ・ボールをしてください無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


私とキャッチ・ボールをしてください「公式」はコチラから



私とキャッチ・ボールをしてください


>>>私とキャッチ・ボールをしてくださいの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)私とキャッチ・ボールをしてくださいの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は私とキャッチ・ボールをしてくださいを取り揃えています。私とキャッチ・ボールをしてくださいBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると私とキャッチ・ボールをしてくださいは270円で購入することができて、私とキャッチ・ボールをしてくださいを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで私とキャッチ・ボールをしてくださいを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)私とキャッチ・ボールをしてくださいを勧める理由


比較したあとに、自分にあったコミックサイトを決める人が増加しています。ネットを介して漫画を楽しみたいと言うなら、幾つものサイトの中より自分に適合したものを選び出すようにしましょう。
漫画が手放せない人にとって、コレクションしておくための単行本は価値があると思いますが、「とにかく読めればいい」という人の場合は、スマホで読めるBookLive「私とキャッチ・ボールをしてください」の方がおすすめです。
BookLive「私とキャッチ・ボールをしてください」のサイトによって異なりますが、1巻のすべてを無償で試し読み可能というところもあるのです。1巻を試してみて、「もっと読みたいと思ったら、2巻以降を有料にて読んでください」という仕組みです。
読み終わったあとに「想定よりも面白いと思えなかった」となっても、一度開封してしまった本は返すことなどできないのです。だけど電子書籍ならあらかじめ試し読みができるので、こうしたことを防ぐことができるというわけです。
「詳細を理解してからじゃないと買いたくない」とおっしゃる利用者からすれば、無料漫画と申しますのは利点の大きいサービスだと言っていいでしょう。販売者側からみても、新規顧客獲得に結び付くわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ