BookLive「ブックライブ」の最愛の人たち無料試し読みコーナー


写真は時間であり、小説は時間を生き直すことである不思議な長篇小説である。一人は写真家、一人は小説家になっている二人の男性がいて、二人は親しい友人同士である。写真家には、少なくとも年に一度はその姿を撮影し、それが何年にも及んでいる女性がいて、小説家には、彼の書くすべての小説のインスピレーションの源になっている女性がいる。しかし彼たち、彼女たちは恋愛関係にはならず、いや、恋愛のもっと向こう側にある、何かもっと痛切なものの中に没入してしまったかのようだ。片岡義男による、異例ともいえる長い「あとがき」にも注目したい。【目次】第一部「私は一曲のバラッドです」第二部 最後の一行を書くために第三部 八月の午後の一瞬から第四部 写真についての一通ずつの手紙あとがき【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



最愛の人たち無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


最愛の人たち「公式」はコチラから



最愛の人たち


>>>最愛の人たちの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)最愛の人たちの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は最愛の人たちを取り揃えています。最愛の人たちBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると最愛の人たちは270円で購入することができて、最愛の人たちを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで最愛の人たちを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)最愛の人たちを勧める理由


購入後に「思ったよりもありふれた内容だった」という時でも、一度読んだ漫画は返品できません。ところが電子書籍なら最初に試し読みができるので、このような失敗をなくせるのです。
次から次に新作が登場するので、毎日読もうとも読みつくすことがないというのがコミックサイトの特徴です。書店には置いていないような昔懐かしい作品も閲覧できます。
漫画好きだということを知られたくないと言う人が、最近増えているのだそうです。家の中には漫画は置いておくことができないっていう人だとしても、BookLive「最愛の人たち」だったら誰にも気兼ねせずに漫画を読み続けられます。
漫画好き人口の数は、ここ数年減っている状態なのです。似たり寄ったりな営業戦略に固執することなく、集客力のある無料漫画などを提示することで、新たな顧客の獲得を目論んでいるのです。
無料電子書籍があれば、時間を割いて店頭まで足を運んで立ち読みであらすじを確認することは不要になります。こうしたことをしなくても、スマホの「試し読み」で中身の把握ができてしまうからです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ