BookLive「ブックライブ」の青いガーディニアの部屋無料試し読みコーナー


彼女が部屋の花に気づく時登場人物は二人だけ。片岡作品にはめずらしく、中年の男女だ。彼らの様子はあられもない。セックスの後にセックスを語り、語りが一呼吸すると、またセックス。そのあいだに、なぜだろう、仕事のことや、母親(女性のほうの)のこと、その母親の葬儀のことなどが話題にのぼってくる。どうやら二人は女優と映画監督であるらしい。行為の前と後、ふと思い出したように彼女はしきりに「部屋が暗い」という。高層階のホテルの部屋だ。やがて彼女は、青いガーディニアが活けてあるのを見る。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



青いガーディニアの部屋無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


青いガーディニアの部屋「公式」はコチラから



青いガーディニアの部屋


>>>青いガーディニアの部屋の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)青いガーディニアの部屋の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は青いガーディニアの部屋を取り揃えています。青いガーディニアの部屋BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると青いガーディニアの部屋は270円で購入することができて、青いガーディニアの部屋を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで青いガーディニアの部屋を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)青いガーディニアの部屋を勧める理由


スマホの利用者なら、好きな時に漫画漬けになることができるのが、コミックサイトの売りです。1冊1冊で買うタイプのサイトや月極め料金のサイトなど多種多様に存在しております。
無料コミックの場合は、検討中の漫画を試し読みで閲覧するということが可能です。購入前にストーリーをそこそこ把握できるので、高い評価を受けています。
「自分の部屋に所持しておきたくない」、「読んでいるんだということを隠すべき」と思わざるを得ない漫画でも、BookLive「青いガーディニアの部屋」を活用すれば一緒に暮らしている人にバレることなく見られます。
無料漫画と呼ばれるものは、書店での立ち読みと同じ様なものだと言えます。ストーリーの中身を一定程度把握してから買えますので、利用者も安心感が増します。
コミックサイトは一つしか存在していないわけではありません。それらのサイトをきちんと比較して、自分にぴったりのものをピックアップするようにすべきです。そうすれば良いサイトと出会えます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ