BookLive「ブックライブ」のベーゴマの小説を書く無料試し読みコーナー


今まで知らなかった何事かを、小説に書くことについてベーゴマ、というものがある。ある日突然、朝食を食べている時に、ベーゴマ、という一語が何の脈絡もなく小説家の頭に点滅する。現実にそんなことがありうるだろうか? といえば、おそらくはそういうこともありうるのが現実だろう。そもそも、ベーゴマのベーとは何かも知らない彼は何事も万能の姉を呼び出し、ベーゴマの回し方を伝授してもらう。そしてさっそく、短篇小説のプロットを作成する。まったく知らなかったものに少しだけ触れてそれを小説という、普段から付き合っている器に入れる瞬間の物語だ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



ベーゴマの小説を書く無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ベーゴマの小説を書く「公式」はコチラから



ベーゴマの小説を書く


>>>ベーゴマの小説を書くの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ベーゴマの小説を書くの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はベーゴマの小説を書くを取り揃えています。ベーゴマの小説を書くBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとベーゴマの小説を書くは270円で購入することができて、ベーゴマの小説を書くを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでベーゴマの小説を書くを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ベーゴマの小説を書くを勧める理由


漫画好き人口の数は、だいぶ前から減少傾向を見せているというのが実際のところです。以前と同じような販売戦略に捉われず、誰でも読める無料漫画などを提供することで、新規利用者の獲得を目指しているのです。
今流行りの無料アニメ動画は、スマホでも楽しめます。最近の傾向としては中高年世代のアニメ愛好者も増えているという状況ですから、今後より一層コンテンツが充実されていくサービスであるのは間違いありません。
月額の利用料が固定のサイト、登録をせずに利用できるサイト、1冊毎購入が必要なサイト、無料にて読むことができる作品が数多くあるサイトなど、コミックサイトも諸々違いがありますから、比較することをおすすめします。
漫画や本を買い集めていくと、後々収納場所に困るという問題が起きてしまいます。けれど実体を持たないBookLive「ベーゴマの小説を書く」なら、どこに片づけるか悩むことは一切ないので、余計な心配をすることなく楽しめるというわけです。
幼少期に読んでいた往年の漫画も、BookLive「ベーゴマの小説を書く」という形で読めます。地元の本屋では購入できない作品も山ほどあるのがポイントだと言うわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ