BookLive「ブックライブ」のブラックスワン回避法無料試し読みコーナー


「損をして、得を取る」オーストリア学派の道教的迂回戦略オーストリア学派の投資家が老子と孫子とクラウゼヴィッツから学んだこともし孫子やクラウゼヴィッツが株を買うとしたら「老子、孫子、クラウゼヴィッツ」と「メンガー、バヴェルク、ミーゼス、ハイエク」と投資 当代一流の悲観投資家であるマーク・スピッツナーゲルが、「失うことで手に入れ、手に入れることで失う」という彼の道教的・迂回投資戦略を描いていく。これはオーストリア学派の投資法とも呼べるもので、150年にわたるオーストリア学派の伝統を引く、一見、直感的には理解しにくいが、実績ある戦略である。いつの時代も色あせないものであると同時に、今こそ学ぶべき戦略である。 本書では、ヘッジファンドのマネジャーであり、テールヘッジの先駆者でもあるスピッツナーゲルが魅力的な旅に読者を誘う。それは、CBOT(シカゴ商品取引所)のピットに始まり、寒帯針葉樹林を経て、古代中国の戦国時代からナポレオン時代の欧州、さらには産業的に急成長するアメリカまで底通する規範的な戦略へ、そして19世紀オーストリアの偉大なる経済思想家たちを通じて、彼の投資戦略となるオーストリア流投資法へと至るものである。目の前の決戦に勝つことで勝利が得られるのではない。むしろ、直接的な結果よりも、間接的な手段を獲得することを目的とした優位性(彼はこれを「勢」と呼ぶ)を狙う「迂回」アプローチこそが勝利をもたらすのだ。重要なのは、時間のとらえ方を変えることだ。一般的な感覚とはまったく異なる異時点的な次元で時間をとらえることになる。 金融危機下でもトップクラスのリターンをたたき出したスピッツナーゲルは、ルートヴィヒ・フォン・ミーゼスやオーストリア学派経済学の理論を、効果的な投資手法へとまとめ上げた最初の人物だと言える。金融のゆがみ、「ブラックスワン」と言われるような株式市場の大混乱はけっしてでたらめに起こることではないということ、そしてまったく市場が無視している極めて生産的な資本を見定めること(スピッツナーゲルにとっては日常茶飯事だが)を本書は説いている。本書はロン・ポールが序文で述べているとおり、「オーストリア学派経済学を象牙の塔から投資の現場に引き出した」のだ。 本書は、市場プロセスとの共生を見いだす当代一流の投資家のレンズを通した世界が広がっている。今こそ、共生が求められるときもないだろう。
続きはコチラ



ブラックスワン回避法無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ブラックスワン回避法「公式」はコチラから



ブラックスワン回避法


>>>ブラックスワン回避法の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ブラックスワン回避法の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はブラックスワン回避法を取り揃えています。ブラックスワン回避法BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとブラックスワン回避法は2268円で購入することができて、ブラックスワン回避法を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでブラックスワン回避法を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ブラックスワン回避法を勧める理由


コミックサイトの最大のメリットは、扱っている冊数が普通の本屋より多いということだと言っていいでしょう。売れない本を抱えるリスクがない分、たくさんのタイトルをラインナップすることができるというわけです。
読了後に「予想していたより全く面白くない内容だった」という場合でも、単行本は返品できません。しかし電子書籍ならあらかじめ試し読みができるので、そうした失敗を防ぐことができます。
日頃から頻繁に漫画を買うという人からすれば、月に一定料金を払うことで満足するまで読み放題という形で楽しめるというシステムは、まさに革新的と言っても過言じゃないでしょう。
毎月の本の購入代金は、1冊単位での価格で見ればそれほど高くはないですが、いっぱい購入すれば、月々の料金は膨らんでしまいます。読み放題というプランなら定額になるため、支払を抑制できます。
最近、電子書籍業界では画期的な「読み放題」というプランが提供され注目を集めています。1冊単位でいくらではなくて、月毎にいくらという料金徴収方式を採っているわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ