BookLive「ブックライブ」の孫育ての新常識 幸せ祖父母のハッピー子育て術無料試し読みコーナー


「祖父母(ジジ・ババ)力」を上手に発揮して孫を幸せに育てよう。知っておきたい!「イマドキの子育て」への正しい理解が家族の笑顔の元! 孫たちが「おじいちゃん・おばあちゃん 大好き!」になる。 子世代に心から「助かります、ありがとう」と言われる。★ 残念パターン◎ “価値観の押し付け” → ぎくしゃく、イライラ◎ “ありがた迷惑” → 敬遠され、疎遠に★ 幸せパターン◎ 上手なサポート → 子育ての先輩として頼られる存在に◎ 世代の違いを活かした遊び方 → 体験の幅が広がる◆◇◆ まえがき ◆◇◆「せっかくかわいい孫を授かったんだから、パパ、ママ、双方の祖父母、みんな仲良く力を合わせて、楽しく育てていこうよ!」。この本を作った目的はこれに尽きます。私の周りでは、友人知人が次々に「じぃじ」「ばぁば」になっています。フェイスブックやツイッターには、「孫が生まれました!」「孫とおでかけしてきました!」と、かわいい孫と過ごす彼らの喜びが、画面からこぼれ落ちんばかりの投稿が並んでいるのです。でも、よくよく話を聞いてみると「孫のことで子どもたちとちょっとモメた」「孫ができて、ヨメ(ムコ)の実家となにかと接点が増え、疲れる」というホンネの裏話も聞こえてきます。じゃあ、子ども世代のパパママはどうなの?と、うちの息子や娘の友だちに聞いてみたら、ポツポツこぼれ出てくる両親、義両親への不満や愚痴の数々・・・・・・。・・・中略・・・そこで、双方の言い分を受け止めつつ、「こうしてみたらどうかな?」「これはやめといた方がいいよ」というアドバイスをまとめたのがこの本、というわけです(個々のエピソードは個人が特定されないように加工してあります)。孫が授かった人も、これからの人も、若い人のホンネに耳を傾け、最新の育児事情もチラ見しつつ、楽しくハッピーな子育てライフを満喫してください。監修;小屋野 恵(おやの めぐみ)★☆★ 目次 ★☆★■ 第1章プレ孫 ― はじめまして(全7項目)◎「もうそろそろ・・・」って言わないで!◎安定期まではお口にチャック!◎Xデータはひたすら待つのみ!・・・他4項目コラム 国際結婚のカップルは?■ 第2章孫のいる日々いろいろ(全6項目)◎おおらかに見守るのがジジババの仕事◎初めての子育てはみんな神経質◎スカイプ・ラインもほどほどに・・・他3項目コラム 孫がかわいい? わが子がかわいい?■ 第3章イマドキの子育て(全8項目)◎アレルギーの基本を知っておこう◎育児の常識は時代で変わる◎車に乗せるならベビーシート・・・他5項目コラム イクメン息子を見ていると面白くない■ 第4章行事いろいろ(全9項目)◎帯祝い◎命名式(お七夜)◎お宮参り・・・他6項目コラム 内孫、外孫、違いはいかに?■ 第5章安全に楽しく孫育て(全4項目)◎子世代のおもちゃや本を孫に◎時間と手間がかかる遊びはジジババの担当で◎家の中の危険を改めて見直そう◎家の外の危険は?◎子育ての資料
続きはコチラ



孫育ての新常識 幸せ祖父母のハッピー子育て術無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


孫育ての新常識 幸せ祖父母のハッピー子育て術「公式」はコチラから



孫育ての新常識 幸せ祖父母のハッピー子育て術


>>>孫育ての新常識 幸せ祖父母のハッピー子育て術の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)孫育ての新常識 幸せ祖父母のハッピー子育て術の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は孫育ての新常識 幸せ祖父母のハッピー子育て術を取り揃えています。孫育ての新常識 幸せ祖父母のハッピー子育て術BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると孫育ての新常識 幸せ祖父母のハッピー子育て術は1425円で購入することができて、孫育ての新常識 幸せ祖父母のハッピー子育て術を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで孫育ての新常識 幸せ祖父母のハッピー子育て術を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)孫育ての新常識 幸せ祖父母のハッピー子育て術を勧める理由


通勤途中などの空き時間に、軽く無料漫画を見て自分に合いそうな本を見つけ出しておけば、土日などの時間に余裕がある時に購入手続きを経て続きを思いっきり読むことが可能です。
売切れになった漫画など、店頭では発注しなければ手元に届かない書籍も、BookLive「孫育ての新常識 幸せ祖父母のハッピー子育て術」形態でバラエティー豊かに取り扱われていますので、いつでも購入して読むことができます。
登録している人の数がどんどん伸びているのが話題となっているコミックサイトです。以前までは単行本じゃないと買わないという人が主流でしたが、手軽な電子書籍として買って楽しむという方が多数派になりつつあります。
コミック本というのは、読んでしまってからBOOKOFFなどの本買取店に売ろうとしても、ほとんどお金にならないと言えますし、もう一度読みたくなったときに読めなくなります。無料コミックを上手く利用すれば、本をしまっておく場所が不要なので片付けに悩む必要がありません。
単純に無料コミックと言われましても、扱われているカテゴリーは広範囲に及びます。若者向けの漫画から大人向けの漫画までありますから、あなたが希望するような漫画が絶対見つかるはずです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ