BookLive「ブックライブ」の今すぐ役立つ 日曜大工のコツ60 この1冊でDIYを完全マスター!無料試し読みコーナー


「切る」「削る」「留める」「彫る」の基本から、木工上達テクニック、暮らしの中のメンテナンスまで。家庭でできるDIYのすべてがわかる!最適な木材の選び方は?水栓の水漏れを直すには?********もくじ********★ DIYの4大基本作業◆ 切る(4項目)◎1 ノコギリの選択◎2 ノコギリでまっすぐに切る◎3 電動ジグソー◎4 電動丸ノコ◆ 削る(4項目)◎5 カンナ◎6 電気サンダー◎7 電動ディスクグラインダー◎8 電気カンナ◆ とめる(4項目)◎9 カナヅチ◎10 ドライバー◎11 電動ドリル・ドライバー◎12 電気ドリル◆ 彫る(2項目)◎13 ノミ◎14 電動トリマー★ DIYの道具・工具・各種材料の使い方◆ 道具・材料(11項目)◎15 サシガネ◎16 スコヤなど◎17 ドレッサーなど◎18 プライヤー・・・他7項目★ 木工作業の基礎・実践・補修◆ 木工作業・基礎(7項目)◎26 木材◎27 2×材◎28 組み手の線びき◎29 組み手の種類1・・・他3項目◆ 木工作業・実践(5項目)◎33 CDラック◎34 腰掛イス◎35 ミニ・ベンチ◎36 額縁◎37 コーナー棚◆ 木工作業・補修(3項目)◎38 クサビ◎39 キズの補修◎40 座面の張り替え★ 暮らしの中のメンテナンス&リフォーム◆ 水回り(8項目)◎41 蛇口(水栓)◎42 パッキン◎43 ロータンクレバーの回転不良◎44 ロータンクゴムフロート調整・・・他4項目◆ 電気(3項目)◎49 分電盤◎50 電源プラグ◎電気器具◆ ガス(1項目)◎52 ガス器具◆ 野外編(8項目)◎53 モルタル塀◎54 グロック塀◎55 門扉・フェンス◎56 玄関◆手づくりの価値********はじめに********日曜大工とDIYDIY(ディー・アイ・ワイ)は英語の<DO It YOURSELF)の頭文字を取った略です。直訳すると、「あなた自身でしなさい」つまり「自分で作ろう、やろう」という意味になります。一方、日曜大工は木材を使った工作、例えば自分で本棚やイスなどを木で作るという限定した促え方もあるようです。しかし一方で、日曜大工という言葉の使われ方は「家のお父さんが日曜大工で水道を直してくれて助かった」と言ったりするように、何かを作るだけという意味では使われていません。逆に「DIYで直してくれた」のようにDIYを話し言葉で使うことはほとんどありません。つまり、日曜大工とDIYは、ほぼ同一の意味で表現されていると考えるのが妥当でしょう。今回、本書の中でも「日曜大工」のコツを紹介する際には、圧倒的に「DIY」という表記が多くなっています。最初の項目でも「DIY工具の種類と使い方のコツ」としていますが、これは「日曜大工工具」と表記すると、前に述べた通り、どうしてもノコギリやトンカチの話を連想しがちだからです。本書のDIY=日曜大工のコツの中には、工具の使い方、木工品の作り方、水道
続きはコチラ



今すぐ役立つ 日曜大工のコツ60 この1冊でDIYを完全マスター!無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


今すぐ役立つ 日曜大工のコツ60 この1冊でDIYを完全マスター!「公式」はコチラから



今すぐ役立つ 日曜大工のコツ60 この1冊でDIYを完全マスター!


>>>今すぐ役立つ 日曜大工のコツ60 この1冊でDIYを完全マスター!の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)今すぐ役立つ 日曜大工のコツ60 この1冊でDIYを完全マスター!の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は今すぐ役立つ 日曜大工のコツ60 この1冊でDIYを完全マスター!を取り揃えています。今すぐ役立つ 日曜大工のコツ60 この1冊でDIYを完全マスター!BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると今すぐ役立つ 日曜大工のコツ60 この1冊でDIYを完全マスター!は1620円で購入することができて、今すぐ役立つ 日曜大工のコツ60 この1冊でDIYを完全マスター!を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで今すぐ役立つ 日曜大工のコツ60 この1冊でDIYを完全マスター!を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)今すぐ役立つ 日曜大工のコツ60 この1冊でDIYを完全マスター!を勧める理由


幼少時代に楽しんだ懐かしさを感じる漫画も、BookLive「今すぐ役立つ 日曜大工のコツ60 この1冊でDIYを完全マスター!」として読めます。店舗販売では置いていないような作品もいろいろ見つかるのが人気の秘密だと言うわけです。
「電子書籍が好きじゃない」というビブリオマニアも多いようですが、一度でもスマホで電子書籍を読んでみたら、その気楽さや購入の簡単さからどっぷりハマる人が多いらしいです。
誰でも無料漫画が読めるという理由で、ユーザー数が増加するのは何ら不思議な事ではありません。お店とは異なり、人の視線に気を配ることなく立ち読みすることが許されるのは、電子書籍の特長だと言って間違いありません。
サイドバックなどを持たずに出かけたい男性陣にとりましては、スマホで無料電子書籍に熱中できるというのは画期的なことなのです。荷物の量は増えないのに、ポケットにインして本を持ち歩くことができるわけです。
コミックサイトの最大の強みは、購入できる本の種類がとても多いということではないでしょうか?売れずに返品する心配がないということで、様々な商品をラインナップできるのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ