BookLive「ブックライブ」のセヴンティーン無料試し読みコーナー


人はなぜこれほどたやすく17歳に戻ってしまうのか?再会があった。45歳、という中年の男女の再会。実に28年ぶり、ということは、かつて二人は17歳だった。人生における最も輝かしい年齢。その時初めて二人は「女」になり、「男」になった。この小説の冒頭は、47歳から始まる。つまり、再会からさらに少し時を経て、デートを重ねた地点なのだ。女性から男性に贈られるプレゼントと、彼女から打ち明けられた話は30年の時を超えて彼を狼狽させる。美しく、そしてどうしようもない狂おしい思いがそこにある。いったい二人はこれからどうなるのか?【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



セヴンティーン無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


セヴンティーン「公式」はコチラから



セヴンティーン


>>>セヴンティーンの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)セヴンティーンの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はセヴンティーンを取り揃えています。セヴンティーンBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとセヴンティーンは270円で購入することができて、セヴンティーンを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでセヴンティーンを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)セヴンティーンを勧める理由


アニメの世界にハマるというのは、心身をリフレッシュするのにめちゃくちゃ役に立ってくれます。小難しい話よりも、明るくて分かりやすい無料アニメ動画などがおすすめと言えます。
利用者が急増中の無料コミックは、スマホがあれば読むことが可能なのです。通勤途中、お昼ご飯の休憩時間、医療施設などでの順番が来るまでの時間など、自分の好きなタイミングで気楽に読むことができるのです。
BookLive「セヴンティーン」は移動中にも使えるスマホやノートブックで見る方が多いです。1部分だけ試し読みが可能になっているので、それによってその漫画を買うかの結論を下す人が急増しているとのことです。
購読者数の減少が指摘されるようになって久しいですが、電子書籍は今までとは異なるシステムを展開することで、ユーザー数を増やしています。既存の発想にとらわれない読み放題という利用の仕方がそれを実現する原動力となったのです。
無料漫画が堪能できるという理由で、ユーザー数が増加するのは当たり前のことです。ショップとは違い、他人を気にすることなく立ち読みすることができるというのは、電子書籍の良い所だと思います。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ