BookLive「ブックライブ」の美術館で過ごした時間無料試し読みコーナー


美術館が最適恋人同士、とはどうもいえないようだが、親密な二人だ。親密であいまいな二人。彼女が引っ越した新しい部屋、そこからほど近くに美術館があり、そこがまるで部屋から見て離れのような位置にあり、あたかも自分だけの美術館のような……という位置の構造がこの短篇小説の構造と二人の距離の精妙さに響き合っている。いうまでもなく美術館は公共空間だが、なにしろ「離れ」でもあるのだから、「悪くない」「なにが?」「こういうの」という言葉へと至るそんな行為にも似つかわしい場所なのだ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



美術館で過ごした時間無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


美術館で過ごした時間「公式」はコチラから



美術館で過ごした時間


>>>美術館で過ごした時間の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)美術館で過ごした時間の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は美術館で過ごした時間を取り揃えています。美術館で過ごした時間BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると美術館で過ごした時間は270円で購入することができて、美術館で過ごした時間を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで美術館で過ごした時間を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)美術館で過ごした時間を勧める理由


連載している漫画は数多くの冊数を買うことになるということから、さしあたって無料漫画で軽く読んで確かめるという人が少なくありません。やっぱりすぐに本を買うというのはかなり難儀だということです。
スマホを使用して電子書籍を購入すれば、移動中やコーヒータイムなど、場所に関係なく楽しむことができるのです。立ち読みもできるようになっていますから、書店に立ち寄る必要など皆無です。
BookLive「美術館で過ごした時間」で漫画を入手すれば、自宅に本を置く場所を工面する必要は皆無です。また、新刊を手にするために本屋へ出向くのも不要です。こういった観点から、サイトを利用する人が増加しつつあるのです。
常々よく漫画を購入するという方からすると、月額利用料を納めることで何冊でも読み放題でエンジョイすることができるというユーザー目線のサービスは、それこそ画期的だという印象でしょう。
無料漫画については、本屋での立ち読みと同じだと捉えることができます。ストーリーの中身をおおよそ把握した上で買えますので、ユーザーも安心できます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ