BookLive「ブックライブ」の三重奏の主題無料試し読みコーナー


男はやじろべえ、または夢のような抽象論男が一人。女が二人。そこには恋愛感情がある。このような状態はしばしば「三角関係」と呼ばれ、著しい憎悪や不均衡を呼び込むが、ここではそうではない。これは三角ではなく、やじろべえだ。左右にそれぞれの女性がいて、男は支点に位置し、ひどく安定している。1対1の付き合いよりも、そのほうが男は安定するのだ。しかし、二人の女はどうか。小説の全編を通じて、冷たい雨が降っている。7月だが冷たい雨だ。そこで彼女たちは火花を散らし、そして時間の経過とともに微笑も加わる。その時、男はそこにいない。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



三重奏の主題無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


三重奏の主題「公式」はコチラから



三重奏の主題


>>>三重奏の主題の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)三重奏の主題の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は三重奏の主題を取り揃えています。三重奏の主題BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると三重奏の主題は270円で購入することができて、三重奏の主題を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで三重奏の主題を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)三重奏の主題を勧める理由


電子無料書籍を有効利用すれば、敢えて書籍売り場で立ち読みであらすじを確認する必要性がなくなります。そういったことをしなくても、「試し読み」で内容の確認が可能だからです。
電子書籍も一般の本と同じで情報が商品ということになるので、つまらないと感じても返品することはできません。なので自分に合うかを確認するためにも、無料漫画を読むことを推奨します。
「小さいスマホの画面では読みにくいのでは?」と疑問符を抱く人も見受けられますが、そういった人でもBookLive「三重奏の主題」をダウンロードしスマホで読めば、その使用感に驚く人が多いのです。
コミックブックと言えば、「中高生向けに作られたもの」というイメージを持っているのではありませんか?けれど近頃のBookLive「三重奏の主題」には、お母さん・お父さん世代が「若かりし日を思いだす」と言うような作品もたくさんあります。
スマホを使っているなら、BookLive「三重奏の主題」を好きな時に閲覧できます。ベッドに体を横たえて、目が重くなるまでのリラックスタイムに楽しむという人がたくさんいるそうです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ