BookLive「ブックライブ」のついていけなかった無料試し読みコーナー


ついていかなくてもよくなった二人スーパーマーケットの中で、バッタリ友人に会う。ごく日常的な出来事だが、ここでは同じ35歳の男が二人で、しかも偶然の一致があった。妻から追い出され、今はひとり暮らし、という共通点だ。二人はスーパーを出て、コーヒーを飲みながら語り合う。それぞれの別れの原因になったのは時間と色彩。その決定的な不一致である。抽象的なようでどこまでも具体的な不一致は、歩み寄る努力の余地のないものだった。ごく近い過去として語る男二人の会話には哀感と解放感が、ほぼ同量で漂っている。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



ついていけなかった無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ついていけなかった「公式」はコチラから



ついていけなかった


>>>ついていけなかったの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ついていけなかったの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はついていけなかったを取り揃えています。ついていけなかったBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとついていけなかったは270円で購入することができて、ついていけなかったを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでついていけなかったを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ついていけなかったを勧める理由


カバンの類を極力持たない男の人にとりましては、スマホで無料電子書籍を楽しむことができるというのはとても便利です。荷物を増やすこともなく、ポケットの中に入れて本とか漫画を持ち運ぶことができるわけなのです。
毎月定額料金を納めることで、多岐にわたる書籍を制限なく閲覧することができるという読み放題コースが電子書籍で注目されています。一冊単位で購入する手間が掛からないのが最大のメリットです。
漫画や雑誌は、書店で内容を確認して購入するかしないかを決定する人ばかりです。けれど、ここ最近はBookLive「ついていけなかった」にて冒頭部分だけ読んで、その書籍を買うのか否かを決める人が多いようです。
漫画と言えば、「少年少女をターゲットに作られたもの」という印象が強いのではありませんか?ところが今はやりのBookLive「ついていけなかった」には、中年層の方が「10代の頃を思い出す」という感想を漏らすような作品も多く含まれます。
人目が有る場所では、立ち読みするのも後ろめたさを感じる類の漫画でも、無料漫画サービスを行なっている電子書籍なら、面白いかをしっかりと理解した上で判断することができるので、後悔することがほとんどありません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ