BookLive「ブックライブ」の雨のなかの日時計無料試し読みコーナー


父親であることを知らなくても、父親は父親再会がある。二つの再会だ。最初に男同士の再会があり、そこである疑問が浮かびそのことの確認も含め、2度目は男と女の再会がある。そこで明らかになったこと。それは子供の存在であり、そのことを自分が知らせてもらえなかったことであり、さらにジェンダーもからみ、ニューヨークと日本の差もあり、そして何より、彼女の生き方のことがある。ケンカや怒号や訴訟があってもおかしくない場面だろう。しかし片岡義男の小説でそれはありえない。代わりにそこにあるのは……そう。雨のなかの日時計だ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



雨のなかの日時計無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


雨のなかの日時計「公式」はコチラから



雨のなかの日時計


>>>雨のなかの日時計の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)雨のなかの日時計の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は雨のなかの日時計を取り揃えています。雨のなかの日時計BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると雨のなかの日時計は270円で購入することができて、雨のなかの日時計を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで雨のなかの日時計を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)雨のなかの日時計を勧める理由


BookLive「雨のなかの日時計」のサイトによってまちまちですが、1巻全部を無料で試し読みができるというところも存在します。1巻だけ読んで、「これは面白いと感じたら、続きをお金を支払って買い求めてください」という宣伝方法です。
利用している人が急に増えてきたのが無料のBookLive「雨のなかの日時計」です。スマホで漫画を購入することが可能ですから、かさばる単行本を携行することも不要で、お出かけ時の持ち物のカサが減ります。
アニメ好きな人にとっては、無料アニメ動画と申しますのは非常に画期的なコンテンツなのです。スマホさえ携帯していれば、お金を払うことなく観賞することが可能です。
漫画や本を読み漁りたいという人からすれば、何冊も買い求めるのは金銭的にも負担が大きいものです。ところが読み放題だったら、書籍に掛かる費用をかなり節約することもできるというわけです。
電子書籍ビジネスには多くの企業が進出していますから、間違いなく比較してから「どの電子書籍を選ぶのか?」を決めることが大切です。揃えている書籍の種類や料金、サービスの中身をチェックすることをおすすめします。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ