BookLive「ブックライブ」の記念写真無料試し読みコーナー


同意なき記念写真偶然地下鉄に乗り合わせた男女が久しぶりだからちょっと飲もう、ということになる。よくある場面だ。そして6軒もハシゴして女のほうが酔いつぶれそうになっている。男は女を支えながら部屋まで送っていく。女は寝てしまう。そこで男はその日、景品で当たったインスタント・カメラをたまたま今、自分が持っていることに思い至る。酔いつぶれた女が目の前に横たわり、そこにカメラがある時、男はどうするのか。片岡義男はそれをどう書いているのか。さあ、今からそれを読んでみよう。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



記念写真無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


記念写真「公式」はコチラから



記念写真


>>>記念写真の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)記念写真の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は記念写真を取り揃えています。記念写真BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると記念写真は270円で購入することができて、記念写真を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで記念写真を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)記念写真を勧める理由


とてもたくさんの人が無料アニメ動画を楽しんでいるようです。隙間時間とか各種交通機関での移動中の時間などに、素早くスマホで楽しめるというのは、とてもありがたいことだと思います。
時間がなくてアニメを視聴するだけの時間を確保できないという方には、無料アニメ動画がおすすめです。毎回確定された時間に視聴することなど不要ですから、好きな時間に見ることができます。
必ず電子書籍で購入するという人が確実に増加しています。カバンなどに入れて持ち運ぶ必要もありませんし、本をしまう場所も必要ないからです。更に言えることは、無料コミックもいくつかあるから、試し読みだって可能なのです。
BookLive「記念写真」は持ち運びやすいスマホやタブレットでDLすることができるようになっています。ちょっとだけ試し読みをしてみてから、その本を買うかどうかを確定するという人が増えているのだそうです。
「電子書籍は嫌いだ」とおっしゃるビブリオマニアもいるのは確かですが、一度でもスマホを活用して電子書籍を閲覧してみたら、その扱いやすさや決済のしやすさからリピーターになる人が大半だと聞いています。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ