BookLive「ブックライブ」の愛の基礎としての会話無料試し読みコーナー


「私は」と「私も」片岡義男の小説にはしばしば作家が登場し、今まさに思いついたストーリーを目の前の相手(作家はたいてい男で相手は女だ)に向かって語ることで成立している作品群がある。ここでの女性は金髪で青い瞳のアメリカ人女性だ。彼女は、日本語が日本人に無意識のうちにもたらしているものを分析した本を書こうとしている。日本語と英語をめぐる二人の批評的な会話の中で彼は彼女が放った「私は」を「私も」に変更することを要求する。それは信頼関係にある、そして異文化に属する二人のあいだにかけられた美しい橋である。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



愛の基礎としての会話無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


愛の基礎としての会話「公式」はコチラから



愛の基礎としての会話


>>>愛の基礎としての会話の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)愛の基礎としての会話の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は愛の基礎としての会話を取り揃えています。愛の基礎としての会話BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると愛の基礎としての会話は270円で購入することができて、愛の基礎としての会話を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで愛の基礎としての会話を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)愛の基礎としての会話を勧める理由


気軽に無料漫画が読めるという理由で、ユーザー数が増すのは少し考えればわかることです。店頭とは違い、人の目を気にすることなく立ち読みすることが可能なのは、電子書籍だからこその利点だと言えるのです。
重度の漫画好きな人からすれば、コレクションアイテムとしての単行本は値打ちがあるということは承知しているつもりですが、「とにかく読めればいい」という人であれば、スマホで読めるBookLive「愛の基礎としての会話」の方が断然便利だと言えます。
サービスの細かな点に関しては、登録する会社によって異なります。従って、電子書籍をどこで購入するかというのは、比較するのが当たり前だと言えます。簡単に決定してはダメです。
CDを視聴してみてから買うように、コミックも試し読みしてから買うのがきわめて一般的になってきたと言えます。無料コミックを上手に利用して、気になっている漫画を調べてみてはいかがですか?
本というものは返品不可のため、中身をある程度分かった上で決済したい人には、試し読みで中身を把握できる無料電子書籍はものすごく重宝するでしょう。漫画も中身を読んでから購入可能です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ