BookLive「ブックライブ」のあの影を愛した無料試し読みコーナー


「今日の私は聞き役です」長篇小説の中心にいるのは美佐子という女性。中心、というのは登場の頻度が最も高く、彼女の視点が基本のトーンになっている、ということで実は美佐子がこの小説の中では最も静かな存在である。彼女は多くの人と会い、ほとんどの場合、聞き手に回る。彼女ほど話しやすく、聡明で、気持ちの良い相手はいない。そうして人の話をすべて親身になって聞きながら彼女は時折、プールに入って泳ぎ、コーヒーを飲み、手紙を書く。光のあたったプールにできるのは自分の影。影はいつだって冷静で、その影を彼女は愛している。【目次】一章 プールに降る雨二章 素足で小川をわたる三章 一杯のコーヒーから四章 花嫁が語る、花嫁の父も語る五章 私は潮騒からはじまった六章 自分の花をみつけた七章 神の子はすべてリズム八章 あの影を愛した【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



あの影を愛した無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


あの影を愛した「公式」はコチラから



あの影を愛した


>>>あの影を愛したの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)あの影を愛したの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はあの影を愛したを取り揃えています。あの影を愛したBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとあの影を愛したは270円で購入することができて、あの影を愛したを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンであの影を愛したを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)あの影を愛したを勧める理由


無料電子書籍を利用すれば、何もする予定がなくてただ時間だけが過ぎていくなどということがなくなるでしょう。シフトの合間や電車やバスでの移動中などにおいても、存分にエンジョイできるでしょう。
老眼に見舞われて、近いものが見にくくて困っているという読書家にとって、スマホ上で電子書籍を閲覧することができるようになったというのは、大いに意味のあることなのです。フォントサイズを変更できるからです。
1~2年前までは単行本を買っていたというような人も、電子書籍を利用し始めた途端、利便性に圧倒されるということがほとんどだそうです。コミックサイトも色々ありますので、是非とも比較してからチョイスした方が賢明です。
アニメ好きな方から見ると、無料アニメ動画は斬新なサービスなのです。スマホを携帯しているというなら、いつでも見ることが可能だというわけです。
いつも持ち歩くスマホに漫画を丸ごとDLするようにすれば、本棚に空きがあるかどうかを危惧する必要はなくなるのです。先ずは無料コミックからトライしてみると良いでしょう。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ