BookLive「ブックライブ」のMakeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミング無料試し読みコーナー


本書は、Makeblock社の唯一の公式テキストであり、mBot(リモートコントロール可能なロボット)を使ったロボットプログラミングの基礎を身につける書籍です。2020年からプログラミング教育が必修化されるプログラミング学習のニーズにこたえる教材として制作しています。わかりやすく解説!mBotの組み立てからソフトウェア「mBlock」を使ったプログラミングまで学習します。小学生の読者を想定して、大きな文字で構成し、ルビを入れ、語りかけ調の親しみやすい文体となっています。楽しみながら論理的思考・創造性・問題解決能力を養成!さまざまな操作をプログラミングをとおして学習します。実際にmBotをいろいろな形で動作させることで、楽しみながら自ら考えて学習し、論理的思考・創造性・問題解決能力を養うことができます。購入特典を用意!本書をご購入いただいた方には、購入特典として以下の3つをご利用いただけます。・解説動画:「mBotの組み立て」(約20分)「第1章 mBotを作ってみよう」を解説する動画をご視聴いただけます。・PDF:「フェイスデザインテンプレート」「付録」でご紹介しているmBotにお面として付けて利用できる「フェイスデザインテンプレート」(PDF)をダウンロードしていただけます。オリジナルのmBotにすることができます。・PDF:「メジャー・分度器」「付録」でご紹介しているmBotの動きを計測するときなどに便利な「メジャー・分度器」(PDF)をダウンロードしていただけます。
続きはコチラ



Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミング無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミング「公式」はコチラから



Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミング


>>>Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミングの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミングの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はMakeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミングを取り揃えています。Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミングBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとMakeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミングは1360円で購入することができて、Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミングを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでMakeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミングを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミングを勧める理由


漫画好きを他人にバレたくないという人が、今の時代増加傾向にあります。マイホームに漫画を放置したくないというような状況でも、BookLive「Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミング」を利用することで誰にも知られることなく漫画が読みたい放題です。
常々よく漫画を購入するという人からしますと、月額固定費用を支払うことによって何十冊であろうとも読み放題で楽しむことができるというプランは、まさに革新的と言っても過言じゃないでしょう。
コミックというものは、読み終えてから古本屋に出しても、数十円にしかなりませんし、もう一度読みたくなったときに再購入が必要となってしまいます。無料コミックだったら、収納スペースが必要ないので片付けに苦労する必要がありません。
「自室に所持しておきたくない」、「読んでいるんだということを秘匿しておきたい」と感じるような漫画でも、BookLive「Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミング」を賢く利用することで誰にも隠したまま見ることができます。
連載中の漫画などは何冊もまとめて買うことになりますから、一旦無料漫画でちょっとだけ読むという方が増えつつあります。やはりあらすじを知らずに書籍を買うというのは敷居が高いということなのでしょう。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ