BookLive「ブックライブ」の基本から応用まで身につく! キャッチャー 最強バイブル無料試し読みコーナー


★ 一番わかりやすい ! 高校野球の最前線で活躍し、数多くのプロ野球選手を育ててきた名将がおくる、「 キャッチャー育成 」の決定版 ! ★ 捕球・送球の個人技術から司令塔としての役割のリード & 配球まで ! チームの柱として必要なポイントが満載 ! ☆ ~ ☆ はじめに ☆ ~ ☆監修 土屋 恵三郎(つちや けいざぶろう)試合では「投手が大事」といわれる通り、能力のあるピッチャーが最高の状態で投げることができれば、どんなキャッチャーが受けても試合結果は大きく変わることはない。しかし能力がそれほどでない、あるいは調子の悪いピッチャーが登板すれば、「捕手のリード」によって試合をつくり、ピッチャーとの共同作業によりチームの守備を先導していくことが求められる。・・・ ・・・本書では私自身がこれまでキャッチャーとして経験してきた、少年、中学、高校、大学、社会人野球を通じての技術的をはじめ、監督として多くの一流キャッチャーの育成に携わった指導法を紹介している。この本を読んでキャッチャーとして上達したいみなさんも、自分の特徴を理解したうえでぜひ取り組んでもらいたい。◆ この本の使い方 ◆この本では、キャッチャーの技術を上達するためのテクニックや練習法を紹介。基本的な技術から試合で使える応用技術、日ごろから実践できる練習まで、さまざまな種類を順序良く身につけることでレベルアップができる。また野球選手として必要な技術や体力・筋力な要素に加え、チームの信頼を受ける「キャッチャー」になるための考え方をプロやアマを問わず多くの選手を指導してきた監修者がアドバイスしている。最初から読み進めることが理想だが、「ここが気になる」「どうしてもマスターしたい」というテクニックがあれば、そこだけをピックアップすることもできる。各項目にテクニックをマスターするためのコツと、ポイントをあげているので参考にして取り組んでみよう。* タイトルテクニックの名前や身につけられる技術が一目でわかり、動作する上でのポイントを理解することができる。* 説明文テクニックについての知識や体・ボールの動かし方などを説明。しっかり頭で整理し、練習に取り組みことでレベルアップできる。* ポイントテクニックの動作をすばやく理解し、マスターするためのポイントを写真で紹介。悪い例もチェックしながら正しいフォームをつくる。* プラスワンアドバイスマスターすることで可能となるプレーや試合で使うと効果的な場面などを解説。目的を持って習得に取り組むことができる。
続きはコチラ



基本から応用まで身につく! キャッチャー 最強バイブル無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


基本から応用まで身につく! キャッチャー 最強バイブル「公式」はコチラから



基本から応用まで身につく! キャッチャー 最強バイブル


>>>基本から応用まで身につく! キャッチャー 最強バイブルの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)基本から応用まで身につく! キャッチャー 最強バイブルの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は基本から応用まで身につく! キャッチャー 最強バイブルを取り揃えています。基本から応用まで身につく! キャッチャー 最強バイブルBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると基本から応用まで身につく! キャッチャー 最強バイブルは1630円で購入することができて、基本から応用まで身につく! キャッチャー 最強バイブルを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで基本から応用まで身につく! キャッチャー 最強バイブルを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)基本から応用まで身につく! キャッチャー 最強バイブルを勧める理由


物語の世界を満喫するのは、ストレスを発散するのにかなり効果的です。分かりづらいストーリーよりも、明るくて分かりやすい無料アニメ動画などの方が効果的です。
BookLive「基本から応用まで身につく! キャッチャー 最強バイブル」はPCやスマホ、タブレットでDLするのがおすすめです。最初だけ試し読みをして、その漫画をDLするかをはっきり決めるという人が稀ではないと聞かされました。
一日を大切にしたいという気持ちがあるなら、空き時間を計画的に活用すべきです。アニメ動画を見るくらいは通勤中でもできることですから、これらの時間を充当する方が良いでしょう。
鞄などを持ちたくない男性にとりましては、スマホで無料電子書籍を読むことができるというのは画期的なことなのです。いわばポケット内に入れて書籍を持ち運べるわけなのです。
1~2年前までは店頭販売されている本を購入していたというような方も、電子書籍という形で読んでみた途端、便利さに感動するということが多いとのことです。コミックサイトも1つや2つではありませんから、兎にも角にも比較してから選択した方が良いでしょう。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ