BookLive「ブックライブ」の「伝わるデザイン」 Excel 資料作成術無料試し読みコーナー


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。端末により、見開き表示で、左右が逆になる場合があります。資料をデザインする力は、誰にも求められるスキルです。エクセルを起ち上げ、ワークシートが表示された時点では、画面は白いキャンバスです。ここから資料をデザインする思考錯誤が始まります。横で見せるか、縦に流すか。余白を広く取ってゆったり読ませるか、説明中心でしっかり情報を盛り込むか。多くのことを吟味しながら資料作りと向き合います。ビジネスで使う資料は、読み手が必要な情報、知っておくべき情報がひと目でわかるつくりにするのが定石です。そうするにはワークシートに情報を配置するデザインが必要です。本来、個人の力量に依存するデザインですが、「こう配置して、こう見せれば、こう感じてくれる」といった、メッセージを効果的に伝える見せ方というものがあります。フォントの使い方、文章と色の見せ方、写真やグラフの訴え方。同じ情報要素を使っても、デザインの仕方ひとつで見え方は違ったものになります。大事なのは、それぞれの情報素材の役割を意識して、メッセージを伝えるのに最適なテクニックを選び、適切に表現することです。仕事ではエクセルは誰もが使うソフトですが、数値の集計やデータ分析ばかりがフォーカスされて、紙面をデザインすることに目が向けられないようです。どの職場にも必ずあるソフトなのに、それで企画書や打ち合わせ資料を作らないのは、もったいない話です。エクセルで相手に伝わる資料が作れないのは、エクセルを効果的に使えないからです。本書は相手に「伝わる」ためのデザインを作るテクニックを紹介しています。エクセルの持ち味を生かす使い方と、それが効果的に反映できる資料の作り方をリンクして理解しましょう。本書にはサンプルファイルも用意していますので、ダウンロードして実際に操作しながらデザインの違いや面白味を試してみてください。資料をデザインする力は、誰にも求められるスキルです。身に付ければ、一生使える武器になります。相手に伝わるようにデザインされた資料は、自ずとわかりやすい表情をしています。そのような資料は相手との良好なコミュニケーションを育み、日々の仕事が円滑に行われることでしょう。(本書「はじめに」より)
続きはコチラ



「伝わるデザイン」 Excel 資料作成術無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


「伝わるデザイン」 Excel 資料作成術「公式」はコチラから



「伝わるデザイン」 Excel 資料作成術


>>>「伝わるデザイン」 Excel 資料作成術の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「伝わるデザイン」 Excel 資料作成術の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は「伝わるデザイン」 Excel 資料作成術を取り揃えています。「伝わるデザイン」 Excel 資料作成術BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると「伝わるデザイン」 Excel 資料作成術は1944円で購入することができて、「伝わるデザイン」 Excel 資料作成術を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで「伝わるデザイン」 Excel 資料作成術を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)「伝わるデザイン」 Excel 資料作成術を勧める理由


話題の無料アニメ動画は、スマホでも視聴することが可能です。数年前からは中高年世代のアニメオタクも増加していることから、この先一層進化・発展していくサービスだと言っても過言ではありません。
「サービスの比較はせずに選択した」とおっしゃる方は、無料電子書籍はどこも同じようなものという考えでいるのかもしれませんが、サービスの詳細に関しては運営会社によって変わりますから、比較することは意外と重要です。
今放送されているものを毎週見るのはとても大変ですが無料アニメ動画として提供されているものなら、あなた自身の好き勝手な時間に見ることも叶うのです。
書籍の販売低下が出版社の頭を悩ませていますが、電子書籍は核心的なシステムを展開することによって、新たな顧客を増加させています。前代未聞の読み放題という形式がそれを現実化したのです。
コミックの購買者数は、ここ何年も減少傾向を見せているというのが実際のところです。定番と言われているマーケティングは見直して、まずは無料漫画などを打ち出すことで、利用者の増加を目論んでいるのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ