BookLive「ブックライブ」の本音のコラム無料試し読みコーナー


栗本薫の筆名で知られる中島梓が2005/10/7から翌9/29に渡って東京新聞に連載したコラムを収録栗本薫の筆名で知られる中島梓が、2005年10月7日から翌年9月29日に渡って東京新聞に連載した53篇のコラムを収録。警官に注意されて逆上し尻を露出して逮捕された事件を取り上げた「尻出しおじさん」、10年前に「死ね」という言葉を安易に使う風潮を憂えた「『死ね!』という罵言」、被害者の個人情報まで興味本位に晒してしまうニュース報道に疑問を呈した「被害者の人権」、衣替えの時期の理不尽さについて語る「太陰暦の衣替え」など、当時の世相や日常の些末事までを硬軟取りまぜてユニークな視点から評した書。【著者】中島梓1953年東京生まれ、2009年に病没。1977年に群像新人文学賞評論部門を、1978年に江戸川乱歩賞を受賞して文壇デビュー。小説は栗本薫名義で、評論などその他の活動は中島梓名義で発表する。正伝130巻、外伝21巻のグイン・サーガ・シリーズ始め、400点を越える著作が刊行された。
続きはコチラ



本音のコラム無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


本音のコラム「公式」はコチラから



本音のコラム


>>>本音のコラムの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)本音のコラムの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は本音のコラムを取り揃えています。本音のコラムBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると本音のコラムは583円で購入することができて、本音のコラムを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで本音のコラムを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)本音のコラムを勧める理由


店頭では軽く読むのも後ろめたさを感じるといった漫画でも、無料漫画サービスを提供している電子書籍でしたら、物語をよく確かめた上で購入を決めることができるというわけです。
販売部数の伸び悩みが指摘されるようになって久しいですが、電子書籍は今までとは違う仕組みを採り入れることにより、利用者数を増やしているのです今までになかった読み放題プランがそれを実現する原動力となったのです。
断捨離というスタンスが少しずつに理解されるようになったここ最近、本も紙という媒体で持つことなく、BookLive「本音のコラム」経由で楽しむ人が増えつつあります。
漫画は必ず電子書籍で買うという方が増加しています。携行することも要されなくなりますし、本を片付ける場所も必要ないというのが理由です。加えて言うと、無料コミックも揃っているので、試し読みだって可能なのです。
買うより先にざっくり内容をチェックすることが可能なら、購入した後に面白くなかったと後悔することがありません。売り場で立ち読みをするときのように、BookLive「本音のコラム」でも試し読みをすることで、漫画の中身を確かめられます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ