BookLive「ブックライブ」の部活で差がつく!勝つ剣道 上達のコツ60無料試し読みコーナー


★ 全国三冠達成の指導者が教える、勝利のポイントはこれだ! ◆ 強豪校の?練習メニュー! ◆ 正しい打突で試合を制す! ◆ 個人戦も団体戦も強くなる! ◆ 礼法、姿勢で心身から成長する! ☆ ~ ☆ はじめに ☆ ~ ☆監修 所 正孝(ところ まさたか)よりみなさんが、たくさんのスポーツの中から選んだ剣道とは、やってみてどんな感じを受けているでしょうか。私は素晴らしいものを選んだと思います。スポーツはルールの中で楽しんで行うものですが、剣道は打ち合う競技「打たれて学び」「打って学ぶ」そこに礼法が大切であったり、感謝の心が養われたり、人間として大切なものを修得することができます。・・・ ・・・本書は、今できること、面・小手・胴・突き(小中学生は禁止)その部位をいくつかの技と共にその技を、いかに機会よく、速く、強く打突できるようになる。そのための練習方法、稽古方法、トレーニング方法を紹介しました。本書の内容を実施し、剣道に必要な身体能力をアップさせ、練習がより楽しく、剣道がより好きになるものと信じています。― 目次 ―* 第一章 練習 ( 32項目 )01 足捌き (入り)02 足捌き(入り)03 足捌き (踏み込みの基本)・・・ ・・・30 防具着用 (切り返しから面、引き面)31 防具着用 (面の連続打突)32 防具着用 (面の連続打突)章末コラム* 第二章 パターン練習 ( 16項目 )33 パターン練習 (A) 面うち 交互 34 パターン練習 (A) 小手うち 交互35 パターン練習 (A) 突き面 交互・・・ ・・・46 パターン練習 (B) 返し胴三本連続47 パターン練習 (C) 面に対しての応じ技48 パターン練習 (C) 小手に対しての応じ技章末コラム* 第三章 心得 ( 7項目 )49 団体戦での選手の並べ方 先行すれば流れがよくなる50 なぜダメなのか、なぜの理論を説明する51 良い例は積極的に見せ、競争意識を持たせる52 体育着でできる練習は体育着で行う53 飽きさせないメニューで練習を行う54 高い目標を口にさせる55 試合に合わせた調整法* 第四章 トレーニング ( 5項目 )56 ラダートレーニング57 アジリティトレーニング58 体幹トレーニング (ウェイト以外)59 スタビリゼーション (スタビライゼーション)60 ビジョン
続きはコチラ



部活で差がつく!勝つ剣道 上達のコツ60無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


部活で差がつく!勝つ剣道 上達のコツ60「公式」はコチラから



部活で差がつく!勝つ剣道 上達のコツ60


>>>部活で差がつく!勝つ剣道 上達のコツ60の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)部活で差がつく!勝つ剣道 上達のコツ60の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は部活で差がつく!勝つ剣道 上達のコツ60を取り揃えています。部活で差がつく!勝つ剣道 上達のコツ60BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると部活で差がつく!勝つ剣道 上達のコツ60は1414円で購入することができて、部活で差がつく!勝つ剣道 上達のコツ60を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで部活で差がつく!勝つ剣道 上達のコツ60を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)部活で差がつく!勝つ剣道 上達のコツ60を勧める理由


さくさくとDLして堪能することができるというのが、無料電子書籍が評価されている理由です。書店まで行く必要も、ネットで買い求めた本を受領する必要も全くないのです。
「大体のストーリーを確認してから購入したい」という考えを持っているユーザーからすれば、無料漫画は良い所だらけのサービスだと断言します。販売側からしましても、新しい顧客獲得を望むことができます。
「比較することなく決定した」とおっしゃる方は、無料電子書籍はどこも一緒という認識なのかもしれませんが、細かなサービスは会社によって違いますから、きちんと比較検討することは大切です。
コミックと言えば、「若者をターゲットにしたもの」だと考えているのではありませんか?ところが人気急上昇中のBookLive「部活で差がつく!勝つ剣道 上達のコツ60」には、50代以降の方でも「青春を思いだす」と言われるような作品も豊富にあります。
一カ月の利用料が固定のサイト登録することなしに利用可能なサイト、1冊ずつ買うサイト、無料の作品が多くあるサイトなど、コミックサイトも何やかやと異なるところがあるため、比較検討すべきだと思います。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ