BookLive「ブックライブ」のもっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン無料試し読みコーナー


★ 憧れのハーバルライフを美味しく、やさしく、もっと自分らしく ★ 定番の使い方の一歩先へ* 忙しい日の食卓を豊かにするつくりおき常備レシピ* おもてなしにもぴったりのハーブティーやドリンク* テーブル周りやバスタイムにそのまま飾って小物にして監修 諏訪晴美(すわ はるみ)ハーバルライフデザイナー Atelier Yukiyanagi 主宰フレッシュハーブで入れたハーブティーを外を眺めながらいただくのは都会で暮らす私にとって何よりも贅沢な時間です。プランターにハーブを植えれば、いつでも摘みたてのハーブティーを味わえます。ハーブティーは数千年もの間、人間が健康でいるために必要としてきたものです。私も毎日の料理に、デザートに、バスタイムに活用しています。そして食卓にもハーブを飾りながら、家族の心と体の健康を祈り、笑顔を絶やさない自分でいたいと思っています。この本には、ハーブの使い方のヒントをたくさん詰め込みました。みなさまの暮らしに少しでもハーブの香りがお役に立てれば嬉しいです。■ Contents ■◆ CHAPTER1 ハーブを料理に活用しようハーブ料理の基本Topics1 とりあえずの一品になるクリームチーズのディップ・・・Topics17 そのまま食べてもソテーしても美味しいハーブバターハーブの作りおき料理について/伝統料理に学ぶTopics18 ドリアやピザにアレンジできるラタトゥイユ・・・Topics23 そのまま食べても刻んで和えても美味しいピクルスSpecial Topics 私の愛用品◆ CHAPTER2 ハーブのドリンクやスイーツを作りましょうハーブティーの入れ方の基本Topics24 デザート作りもかんたん! フルーツのハーブ・・・Topics31 彩りもきれいな花のハーブワインSpecial Topics 私の好きなハーブティー◆ CHAPTER3 お家の中でもハーブを楽しみましょうTopics32 ハーブと花で癒されるかんたんハーブバスTopics40 パウダールームに香るフラワーアレンジコンテナガーデンを作ってハーブを摘める毎日へ Topics41ペイント&デコパージュでプラ鉢をハーブ柄にリメイク・・・ Topics44 いつまでも変わらない香りを …etc.
続きはコチラ



もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン「公式」はコチラから



もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン


>>>もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスンの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスンの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はもっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスンを取り揃えています。もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスンBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするともっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスンは1566円で購入することができて、もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスンを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでもっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスンを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスンを勧める理由


新刊が出るたびに本屋まで購入しに行くのは骨が折れます。とは言え、全巻まとめて買うのは外れだったときの金銭的及び精神的ダメージがデカいです。BookLive「もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン」なら一冊ずつ買うことができるので、失敗知らずです。
BookLive「もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン」を読みたいなら、スマホが役立ちます。パソコンはかさばるので持ち運ぶことが不可能ですし、タブレットも通勤電車などの中で読むという際には、大きすぎて使えないと言えるからです。
数年前までは単行本という形になったものを買っていたとおっしゃる方も、電子書籍を利用し始めた途端に、便利で戻れなくなるということが多いそうです。コミックサイトも相当数見受けられますので、きっちりと比較してから選定するようにしてください。
「どこのサイトを通じて書籍を購入するか?」というのは、かなり重要なことなのです。値段とかコンテンツなどがそれぞれ違うので、電子書籍は比較しなくてはいけません。
“無料コミック”を上手く活用すれば、購入を躊躇っている漫画を少しだけ試し読みで確かめるということができるわけです。手にする前に話の中身を一定程度確かめることができるので、非常に便利だと言えます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ