BookLive「ブックライブ」の魚座の最後の日無料試し読みコーナー


ファインダーの中の彼女記憶に刻み込まれる女性がいる。その女性と再び会えば、それは再会、ということになる。この小説においては2人の女性と20歳前の男、その友人のもう1人の男が再会を演じる。舞台は鹿児島から北海道まで。そして海岸が重要な場所になり、写真が小さくない役割を果たす。再会と海岸と写真の相互作用とはいかなるものか。「あとがき」で作者がこの小説の主題を明らかにしているがどうかそこは先に読まずにお願いしたい。そしてタイトルの「魚座の最後の日」とは実は作家・片岡義男の誕生日でもある。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



魚座の最後の日無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


魚座の最後の日「公式」はコチラから



魚座の最後の日


>>>魚座の最後の日の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)魚座の最後の日の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は魚座の最後の日を取り揃えています。魚座の最後の日BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると魚座の最後の日は270円で購入することができて、魚座の最後の日を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで魚座の最後の日を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)魚座の最後の日を勧める理由


連載物の漫画は複数冊をまとめて買わないといけないので、ひとまず無料漫画で試しに読んでみるという人が多いです。やはりその場で漫画の購入を決断するというのは難しいことのようです。
電子書籍の悪い点として、気付かないうちに支払が高額になっているという目にあうことがあります。だけど読み放題の場合は毎月の利用料が一定なので、どんなに読んだとしても利用料金が高額になることはありません。
月額幾らと料金が決まっているサイト、登録不要のサイト、1巻ごとに買うサイト、無料にて読むことができる作品が数多くあるサイトなど、コミックサイトも各々違いがありますから、比較するべきでしょう。
小学生だった頃に大好きだった馴染みのある漫画も、BookLive「魚座の最後の日」として読めるようになっています。店頭では扱われない漫画も取り揃えられているのがセールスポイントです。
「すべての本が読み放題であったら、どれほどにいいだろう」という利用者の発想をベースに、「月額料を納めれば購入の度に料金が発生しない」という形式の電子書籍が考えられたのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ