BookLive「ブックライブ」の楽園の土曜日無料試し読みコーナー


楽園とは、女系の中への傍若無人な侵入である将来、伴侶になるかもしれない女性の実家に男はその女性の短い帰省の見送り、という仕方で入り込む。彼女には2人の姉がおり、母親もいて、おまけに父親は離婚したため存在しない、という周到さだ。つまり、男1人に女性4人、という状態。ある種の男にとってこれは「試練」になりうるがここでは「楽園」という解釈になっている。はたしてそれは本当に「楽園」か?それを考える鍵は、案外、母親あたりにありそうだ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



楽園の土曜日無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


楽園の土曜日「公式」はコチラから



楽園の土曜日


>>>楽園の土曜日の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)楽園の土曜日の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は楽園の土曜日を取り揃えています。楽園の土曜日BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると楽園の土曜日は270円で購入することができて、楽園の土曜日を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで楽園の土曜日を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)楽園の土曜日を勧める理由


幼い頃に楽しんだ懐かしい漫画も、BookLive「楽園の土曜日」としてダウンロードできます。書店では陳列されていないタイトルも数多く見受けられるのが利点だと言うわけです。
老眼が進んで、目の前の文字が見えなくなってきたという高齢の読書好きな方には、スマホ上で電子書籍を閲覧することができるようになったというのは、物凄く意味のあることなのです。表示文字のサイズを読みやすいように調節できるからです。
「電子書籍は遠慮したい」という本好きな方も多くいますが、スマホを使って1回でも電子書籍を読んでみれば、その手軽さや購入の楽さから抜け出せなくなるという人が多いのだそうです。
書籍の販売低迷がよく言われる中、電子書籍は新たな販売方法を導入することで、新規顧客を着実に増やしています。過去に例のない読み放題というサービスがそれを実現する原動力となったのです。
さくっとDLして堪能することができるのが、無料電子書籍なのです。書店まで行く必要も、オンラインにて購入した本を宅配してもらう必要も全然ないわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ