BookLive「ブックライブ」のひと目だけでも無料試し読みコーナー


ひと目どころか、もしや再会も・・・ライターのような仕事をしている男。仕事の過程で様々な人々と出会い、そこに仕事とは別種の感情が入ることもあるはずだ。対象は、1人のストリッパー。この小説が書かれた時点ではその言葉はなかったはずだが「ストーカー」と呼ばれかねない情熱で男は自分にとって完璧な女性像を体現している1人のストリッパーを探しあてる。男にも女にも、そのストレートなふるまいと同時に「ストーカー」にはありえない、ある種のつつましさがある。2人の行く末を、読者は幸福な予感とともに推測しながら読み終えることだろう。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



ひと目だけでも無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ひと目だけでも「公式」はコチラから



ひと目だけでも


>>>ひと目だけでもの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ひと目だけでもの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はひと目だけでもを取り揃えています。ひと目だけでもBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとひと目だけでもは270円で購入することができて、ひと目だけでもを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでひと目だけでもを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ひと目だけでもを勧める理由


スマホにダウンロードできるBookLive「ひと目だけでも」は、お出かけの際の持ち物を少なくするのに有効だと言えます。カバンなどの中に何冊もの本を詰め込んで持ち歩かなくても、好きなようにコミックを楽しむことが可能だというわけです。
BookLive「ひと目だけでも」が大人世代に評判が良いのは、まだ小さかった時に夢中になった作品を、改めて気軽にエンジョイできるからだと言って間違いありません。
読み放題という形は、電子書籍業界でしか成し得ることができない真に斬新な試みになるのです。買う方にとっても作家サイドにとっても、魅力が多いのです。
「外出中であっても漫画を読み続けたい」とおっしゃる方にちょうど良いのがBookLive「ひと目だけでも」だと断言します。荷物になる書籍を運搬する必要がなくなるため、荷物自体も重くなることがありません。
読了後に「自分が思っていたよりもつまらない内容だった」ということがあっても、漫画は返すことができません。だけど電子書籍ならまず試し読みから入れるので、それらをなくせます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ