BookLive「ブックライブ」のミッチェル無料試し読みコーナー


これはすべて他人の言葉ですこの断章形式はいったい何だろうか?詩、のようにも思える。いや実際、これは詩なのだ。この短篇に書かれた言葉の一切は作家・片岡義男が書いたものではない。同時にそれはすべて片岡義男によってメモされ、翻訳されたものだ。そしてもう1つ。片岡義男が「作者」になった理由がある。それはここの断章=詩を、ランダムにシャッフルした、ということ。では言葉を書いたのは誰? それは、「ミッチェル」。もうおわかりですよね?【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



ミッチェル無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ミッチェル「公式」はコチラから



ミッチェル


>>>ミッチェルの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ミッチェルの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はミッチェルを取り揃えています。ミッチェルBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとミッチェルは270円で購入することができて、ミッチェルを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでミッチェルを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ミッチェルを勧める理由


中身が不確かなまま、カバーの見た目だけで漫画を買うのは極めて困難です。無料で試し読みができるBookLive「ミッチェル」ならば、そこそこ内容を吟味した上で買い求められます。
漫画雑誌と言えば、「若者を対象としたもの」という印象を持っているかもしれません。けれども昨今のBookLive「ミッチェル」には、アラサー・アラフォーの方が「感慨深いものがある」と言ってもらえるような作品も多くあります。
読み放題というシステムは、電子書籍業界でしか実現不可能なさながら斬新的なトライアルです。利用する方にとっても作家サイドにとっても、良い面が多いと言っていいでしょう。
「通勤時間に車内でコミックブックを開くなんて考えられない」と言われる方でも、スマホに直接漫画を入れておけば、恥ずかしい思いをする必要はなくなります。ずばり、これがBookLive「ミッチェル」の良いところです。
コンスタントに新作が登場するので、何十冊読んだとしても全部読み終えてしまうなんて状況にならないというのがコミックサイトのセールスポイントです。書店では販売されないニッチなタイトルも買うことができます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ