BookLive「ブックライブ」の「ママ、ママ」無料試し読みコーナー


その切実さを成就させるために、彼女には現実とは別の形式が必要だった人は、自らの生い立ちを選ぶことはできない。空手のインストラクターを務めるようなしなやかな肢体を持った20代の美しい女性に成長しようとも、信じて疑わなかった人から「実はあなたの生みの親ではない」と、ある日、告げられるような事態にも遭遇する。では、彼女を生んだ人は今、どこにいるのだろう?それは「ママ、ママ」という呼びかけが正当に機能する場所であり、その場所は、努力の末に彼女が自力で手に入れたものなのである。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



「ママ、ママ」無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


「ママ、ママ」「公式」はコチラから



「ママ、ママ」


>>>「ママ、ママ」の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「ママ、ママ」の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は「ママ、ママ」を取り揃えています。「ママ、ママ」BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると「ママ、ママ」は270円で購入することができて、「ママ、ママ」を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで「ママ、ママ」を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)「ママ、ママ」を勧める理由


気軽にDLして堪能することができるというのが、無料電子書籍の利点です。本屋まで出向く必要も、オンラインにて購入した書籍を届けてもらう必要もないのです。
無料漫画に関しては、本屋での立ち読みみたいなものだと考えていただければわかりやすいです。本の内容を一定程度確かめた上で購入できるので、利用者も安心です。
本屋では、棚の問題で並べられる本の数に制限がありますが、BookLive「「ママ、ママ」」という形態であればこういった問題が起こらないため、今はあまり取り扱われない漫画もあり、注目されているわけです。
BookLive「「ママ、ママ」」のサイトで若干違いますが、1巻のすべてを料金なしで試し読みできるというところもいくつかあります。1巻だけ読んで、「面白かったら、続巻を買い求めてください」というサービスです。
BookLive「「ママ、ママ」」から漫画を買えば、家のどこかに本棚を用意する心配は不要です。新刊が出たからと言って書店に足を運ぶ必要もありません。こうした特長から、ユーザー数が増加しつつあるのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ