BookLive「ブックライブ」の展望台の退屈無料試し読みコーナー


退屈を書くとは、いったいどういうことだろうかなんという、人を食った短篇小説だろうか。ここには1人の男性と1人の女性が出てきて、しかもわざわざ展望台のような場所で会ったりするというのに2人は互いにまったく惹かれあってはいない。しかしそれでも2人には、待ち合わせの場所に行くだけの通俗的で不可思議で「退屈」なモチベーションがあるのだ。女性と男性は、こんなふうに約束したり、会ったりすることもある。しかし作家の描くタッチは、シニカルなものではなくこうしたこともある、という淡々とした風情を備えていて、そこがまた怖ろしい。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



展望台の退屈無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


展望台の退屈「公式」はコチラから



展望台の退屈


>>>展望台の退屈の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)展望台の退屈の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は展望台の退屈を取り揃えています。展望台の退屈BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると展望台の退屈は270円で購入することができて、展望台の退屈を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで展望台の退屈を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)展望台の退屈を勧める理由


サービスの詳細については、各社それぞれです。ですから、電子書籍をどこで買うかということについては、比較してから結論を出すべきだと言えるのではないでしょうか?すぐに決めるのはよくありません。
「通学時間に電車でコミックを読むなんて絶対にできない」と言われるような方でも、スマホに直接漫画を保管しておけば、他人の視線を気にする必要がありません。このことがBookLive「展望台の退屈」人気が持続している理由の1つです。
漫画離れが指摘される中、電子書籍は核心的なシステムを採り入れることで、新規登録者を増加させつつあります。昔ではありえなかった読み放題という利用方法がそれを実現させたのです。
「小さなスマホの画面では迫力が半減するのでは?」という様に不安視する人がいるのも承知していますが、実体験でBookLive「展望台の退屈」をゲットしスマホで閲覧すると、その便利さにびっくりするようです。
購入前に中身を確認することが可能であるなら、読んでしまってから悔やむということがほとんどありません。店舗で立ち読みをするときのように、BookLive「展望台の退屈」におきましても試し読みをすることで、どんな漫画か確認できます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ