BookLive「ブックライブ」の三日月と会話する無料試し読みコーナー


短篇小説のタイトルは、未来の短篇小説からもたらされる『甘く優しい短篇小説』と題された短篇集に収録された作品たちはそれぞれ「短篇小説を書く」ということがどのようなことかが描かれ、作家・野村五郎を共通の登場人物にしている。この短篇もそれらの中の一つだ。別の短篇「甘く優しい短篇小説」では2人の女性が登場したがここでは3人。いや、その3人もやがて女性3人ではなく、それぞれのジェンダーが割り振られ、バランスを変えていく。そしてこのタイトルは、野村五郎が女性からヒントをもらい、未来に向けて構想する短篇のタイトルがそのまま定着したものだ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



三日月と会話する無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


三日月と会話する「公式」はコチラから



三日月と会話する


>>>三日月と会話するの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)三日月と会話するの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は三日月と会話するを取り揃えています。三日月と会話するBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると三日月と会話するは270円で購入することができて、三日月と会話するを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで三日月と会話するを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)三日月と会話するを勧める理由


コミックの購買者数は、だいぶ前から減少しているというのが実態です。今までと同じような販売戦略に固執せず、宣伝効果の高い無料漫画などを展開することで、新たなユーザーの獲得を目論んでいるのです。
スマホで読めるBookLive「三日月と会話する」は、出掛ける際の持ち物を減らすのに役立つと言っていいでしょう。カバンの中に何冊も本を詰めて持ち歩かなくても、好きなようにコミックを楽しむことができるわけです。
電車を利用している間も漫画を読んでいたいと願っている方にとって、BookLive「三日月と会話する」よりありがたいものはないでしょう。スマホを1台ポケットの中に入れておくだけで、すぐに漫画を購読できます。
さくさくとダウンロードして読めるのが、無料電子書籍の特長です。漫画ショップを訪ねる必要も、ネットで買い求めた本を届けてもらう必要も全くないのです。
BookLive「三日月と会話する」が親世代に支持されているのは、幼少期に夢中になった作品を、改めて自由気ままに読めるからなのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ