BookLive「ブックライブ」の債権の税務と法務 (平成28年版)無料試し読みコーナー


法人税法は、激しく変動する社会経済情勢に対応して毎年のように見直しが行われ、法人企業の日常取引で発生する貸倒れをはじめとする金銭債権などの債権の税務上の取扱いについても、貸倒引当金制度はもとより詳細に規定され、制度の見直しも幾度となく行われています。  本書は、「税務と法務」シリーズ第3作目として、貸倒損失や外貨建債権など「法人税に関する債権」の法人税法上の取扱いを、重要実務事例をもとに事例回答形式により詳細に解説するとともに、会社法、会社更生法や民法等における法務についても解説をした、法人企業の実務担当者や税理士等職業会計人のための実務必携書です。
続きはコチラ



債権の税務と法務 (平成28年版)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


債権の税務と法務 (平成28年版)「公式」はコチラから



債権の税務と法務 (平成28年版)


>>>債権の税務と法務 (平成28年版)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)債権の税務と法務 (平成28年版)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は債権の税務と法務 (平成28年版)を取り揃えています。債権の税務と法務 (平成28年版)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると債権の税務と法務 (平成28年版)は4000円で購入することができて、債権の税務と法務 (平成28年版)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで債権の税務と法務 (平成28年版)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)債権の税務と法務 (平成28年版)を勧める理由


ここのところ、電子書籍業界では従来にない斬新な「読み放題」というプランが登場し人気沸騰中です。1冊ごとにいくらではなくて、月毎にいくらという料金徴収方法を採用しています。
電子書籍の人気度は、日増しに高まりを見せていると言ってもいいでしょう。こうした状況下において、利用者が増加しているのが読み放題というサービスになります。値段を気にする必要がないのが嬉しい点です。
コミックサイトの最大の強みは、取り揃えている漫画の数がとてつもなく多いということでしょう。売れ残って返本作業になる心配がないということで、膨大なタイトルを扱えるのです。
読み終わったあとに「前評判よりも面白さが伝わらなかった」ってことになっても、読んでしまった書籍は返品などできません。ですが電子書籍なら試し読みをすることができるので、そうした状況を防ぐことができるのです。
電子書籍と言う存在は、知らないうちに利用料が高くなっているという目にあうことがあります。ところが読み放題というものはあらかじめ料金が決まっているので、何タイトル読もうとも料金が高くなるという心配がありません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ