BookLive「ブックライブ」の地域デザイン No.5無料試し読みコーナー


地域の新たな魅力を創生する。その仕組みとヒントがここにあります。グローバル時代における「地域」の可能性を、「コンテンツからコンテクストへ」という視点から学際的に研究する地域デザイン学会が年2回発行する研究論集です。今号の特集は「地域企業のイノベーション」。原田保(多摩大学大学院)ら経営戦略論の研究者を中心に11本の論考と研究ノートを収録。宮城県石巻市の東日本大震災における被災当事者の事業創造ほか、新潟、北海道、滋賀、大分などの注目すべき地域企業をめぐる論考を紹介。また神奈川県葉山町長、奈良県吉野町長、北海道森町長らが参加したシンポジウムの記録も再録。【著者】地域デザイン学会2012年設立。地域振興や地域再生を、コンテンツではなく、知識や文化を捉えたコンテクストの開発によって実現することを指向し、学際的、業際的な地域デザインを知行合一的に推進しようとする学会。
続きはコチラ



地域デザイン No.5無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


地域デザイン No.5「公式」はコチラから



地域デザイン No.5


>>>地域デザイン No.5の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)地域デザイン No.5の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は地域デザイン No.5を取り揃えています。地域デザイン No.5BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると地域デザイン No.5は1890円で購入することができて、地域デザイン No.5を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで地域デザイン No.5を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)地域デザイン No.5を勧める理由


「スマホなんかの画面では読みにくいのでは?」と懸念する人もいるのは確かですが、そういった人でもBookLive「地域デザイン No.5」を1冊買ってスマホで読むということをすれば、その優位性に驚くはずです。
「通勤時にも漫画が読めたらいいな」などと言う人に最適なのがBookLive「地域デザイン No.5」だと言って間違いありません。その日に読みたい本を運搬することも不要になりますし、バッグの中の荷物も軽くなります。
BookLive「地域デザイン No.5」を堪能するなら、スマホが便利です。PCは持ち歩くなんてことはできませんし、タブレットも電車の中などで閲覧したというような場合には不向きだと考えられるからです。
コミック本は、読み終えた後に買取専門店などに持って行っても、数十円にしかなりませんし、読みなおそうと思った時に最購入する羽目に陥ります。無料コミックを上手く利用すれば、保管スペースが不要なので片付けに苦労しません。
10年以上前に繰り返し読んだ昔懐かしい物語も、BookLive「地域デザイン No.5」という形で購入できます。店舗販売では置いていない漫画もたくさん見られるのが人気の秘密だと言っても過言ではありません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ