BookLive「ブックライブ」の紅茶にお砂糖無料試し読みコーナー


彼女が紅茶で男が砂糖。底に沈んでかきまわされよう再会。これもまた片岡作品の主題の一つである。同じ人間が、時間と場所と立場を変えると、同じ人間ではなくなる部分と、それでもやはり同じ人間であり続ける部分の絶妙のブレンドとなりストーリーは進展していく。再会することが自由ならば、再会に至るまでの時間に、空想を膨らませることも自由だ。再び会った瞬間、1つに溶け合うことさえも。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



紅茶にお砂糖無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


紅茶にお砂糖「公式」はコチラから



紅茶にお砂糖


>>>紅茶にお砂糖の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)紅茶にお砂糖の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は紅茶にお砂糖を取り揃えています。紅茶にお砂糖BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると紅茶にお砂糖は270円で購入することができて、紅茶にお砂糖を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで紅茶にお砂糖を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)紅茶にお砂糖を勧める理由


「電子書籍が好きになれない」という愛読家の方も多くいますが、一度でもスマホを介して電子書籍を読めば、持ち運びの手軽さや購入のシンプルさから抜け出せなくなる人が大半だそうです。
スマホがたった1台あれば、手軽に漫画を堪能することができるのが、コミックサイトの売りです。1冊ずつ購読するスタイルのサイトや月極め料金のサイトなどに分かれます。
「家の中以外でも漫画を読み続けたい」などと言う人に打ってつけなのがBookLive「紅茶にお砂糖」だと言っても過言じゃありません。重たい漫画を鞄に入れて運ぶこともなくなりますし、手荷物の中身も減らすことができます。
月額幾らと料金が決まっているサイト、登録をせずに利用できるサイト、1冊単位で購入が必要なサイト、0円の本が豊富なサイトなど、コミックサイトもいろいろと違いが見受けられますので、比較した方が賢明です。
漫画雑誌と言えば、「中高生向けに作られたもの」というふうに思い込んでいるのではありませんか?けれども近頃のBookLive「紅茶にお砂糖」には、30代~40代の方が「青春を思いだす」と口にするような作品も山ほどあります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ