BookLive「ブックライブ」の般若心経願望実現パワー 五大力を実践する成功術無料試し読みコーナー


 松本幸夫氏は、「般若心経」を「般若真行」と主張することにしたい。 どうしても「心経」というとお経のイメージが強くなる。 本書を、般若心経というお経の解説書だと思って手にした人は、残念ながら全く思惑はずれである。本書は、般若真行という実践書であり、活用の書である。“真行”とは、真理を行ずることであり、真実、いつわりのない心で実践する、つまり五大力を行じることだ。 お経ではなく、経の内容の「実践」、「実行」こそが大切だという意味から「経」を「行」としても良いだろう。さらに、「中心」「心」という意味合いよりも深めた「真」の字であると理解してほしい。ここに般若真行が誕生したのだ。 21世紀に向けての万能のツール、奇跡の力を持つ神秘的な「行」、これこそが般若心経の正体だ。お経ではなく「行」であることをしっかりと覚えていただきたい。単なる文字でしかないという浅いとらえ方では、あなたは成功から遠くなる。 私たちは、願望を実現させたり、億万長者になったり、大成功者として歴史に名を刻んだりするのは簡単にできる。そのためには何をすべきか? それは、般若心経の実践によって可能だ。 21世紀は、「心」の時代だと説く人もいる。確かに、物質万能主義の時代はすでに過去のものになりつつある。そして、まさに「般若心経」こそは、私たちの「心」を解放してくれる武器ともいえよう。 本書では、単に「知識」としての般若心経に関してではなく、「実践」にウェートをおいたいわば般若真行とでも呼ぶべき内容について書いた。 松本氏が最も嫌うのは「解説者」である。そちらの方の適任者は、それこそいくらでもいるだろうし、私は解釈のプロではない。ただし実践家としてなら、本書を書く資格があると自負している。松本氏自身も読行の際、意味の上から息つぎをしたり、習わしでやっている読み方は、あえてしていない。棒読みでやっているし、好き勝手にリズムをつけている。その方が面白く、楽しく実践できるからだ。そして、意味の上で区切ったり、息つぎをしたり、昔からの読み方で読むのも構わない、要するに、自分の好きなスタイルで行なえばいい。それこそが、般若心経の世界であろう。人に左右されるのでなく、自分なりにスタイルを探し、実践することが重要だ。楽しみながらやろうではないか。これから激動の21世紀に向けて、本書が必ず役に立つはずだ。
続きはコチラ



般若心経願望実現パワー 五大力を実践する成功術無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


般若心経願望実現パワー 五大力を実践する成功術「公式」はコチラから



般若心経願望実現パワー 五大力を実践する成功術


>>>般若心経願望実現パワー 五大力を実践する成功術の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)般若心経願望実現パワー 五大力を実践する成功術の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は般若心経願望実現パワー 五大力を実践する成功術を取り揃えています。般若心経願望実現パワー 五大力を実践する成功術BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると般若心経願望実現パワー 五大力を実践する成功術は540円で購入することができて、般若心経願望実現パワー 五大力を実践する成功術を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで般若心経願望実現パワー 五大力を実践する成功術を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)般若心経願望実現パワー 五大力を実践する成功術を勧める理由


スマホで閲覧できるBookLive「般若心経願望実現パワー 五大力を実践する成功術」は、外に出るときの荷物を減らすのに寄与してくれます。バッグなどの中に何冊もの本を詰め込んで持ち歩くようなことをしなくても、自由に漫画を見ることができるわけです。
長く連載している漫画は連載終了分まで購入しないといけませんので、あらかじめ無料漫画で立ち読みするという人が目立ちます。やはりその場で装丁買いするというのはハードルが高いのだと言えます。
漫画好き人口の数は、年々低下の一途を辿っているのです。既存の販売戦略に固執せず、積極的に無料漫画などを提案することで、利用者の増加を見込んでいます。
定期的に新作が登場するので、どれだけ読もうとも読みつくしてしまうことがないというのがコミックサイトの売りです。本屋では扱わなくなってしまったニッチなタイトルも閲覧可能なのです。
「連載されている漫画を見るのが好きなんだ」という人には不要だと思われます。けれど単行本になるのを待ってから入手するというファン層からすれば、単行本を購入する前に無料漫画で中身をチェックできるというのは、本当に有益なことだと思います。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ