BookLive「ブックライブ」の右脳と剣道の関係 ─―頭の良くなる剣道無料試し読みコーナー


 大脳の左半球には、体側の右半身を、右半球には体の左半身をコントロールする《指令塔》に相当する部分がある。もし右脳を強化したいのなら、体の左半分を意識して用いるといい。 数字や文字の記憶、暗記は得意だが、どうも、何かアイデアを出したり、創造したりするのが苦手だという子供も多い。それは、左脳の中心の教育ということに加えて、体の「右側」を用いることが習慣になっていることも大きな原因になっている。つまり、右脳に刺激が充分にいっていないのだ。 子供の頃から「左手」「左足」を意識して用いていくことによって、子供の創造性は高まり、直観力が高まりアイデアが次々に出てくるようになるはずだが、日本だけでなくインド、タイ、ビルマ等では左手を「不浄な手」としている。ポルトガル語やラテン語では、左手は「不吉な」という意味を持っている。 だから、子供が先天的に「左利き」であっても、右利きに修正していくように躾をすることが大半だ。右手というのは、「左脳」への刺激となり、論理・文字・数字といった分野の能力は確かに高くなる。しかし、直観・絵画・感情・創造力といった右脳への刺激にはならない。  だから、松本幸夫氏は、日常生活の中で、「左」を用いる工夫をしてほしいと主張する。 左手で鞄を持つ、左足から階段に登る、左手で扉を開く、左足からズボンに足を通すというように、普段は「右」を用いていることをあえて「左」に換えてみることだ。 もちろん、一日ですぐに創造力がつくということにはならないが、くり返していくうちに、右脳が刺激されて活性化してくるものだ。 そして、「これは、右脳強化そのものだ」と松本氏が注目するのが、「剣道」だ。 剣道ほど体の「左半身」を用いるスポーツは他に珍しいからだ。一見すると、竹刀や木刀は両手で持っているように思われる。しかし、剣道で中心となるのは左手の握り、しぼりである。右手は、従であり、そえているにすぎない。 しかも、構えた際の足の位置も特徴的だ。剣道では、左足で体重を支え、右足でふみこむ。左足が軸足になるから、体を動かす際にも左足のひざの動きによって、前後左右、ひねり等自在に動ける。 「左手で剣を支え、体を左足で支える」これが剣道の基本だ。 ということは、そのまま「右脳刺激」になっている。毎日、剣を振る度に、右脳へ刺激がいく。他のスポーツでは、このような「左」を中心に体を動かすスポーツは少ない。剣道においても、中心となるのは軸足の「左足」であり、これはそのまま右脳開発へとつながることを本書で理解してもらえる。
続きはコチラ



右脳と剣道の関係 ─―頭の良くなる剣道無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


右脳と剣道の関係 ─―頭の良くなる剣道「公式」はコチラから



右脳と剣道の関係 ─―頭の良くなる剣道


>>>右脳と剣道の関係 ─―頭の良くなる剣道の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)右脳と剣道の関係 ─―頭の良くなる剣道の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は右脳と剣道の関係 ─―頭の良くなる剣道を取り揃えています。右脳と剣道の関係 ─―頭の良くなる剣道BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると右脳と剣道の関係 ─―頭の良くなる剣道は540円で購入することができて、右脳と剣道の関係 ─―頭の良くなる剣道を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで右脳と剣道の関係 ─―頭の良くなる剣道を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)右脳と剣道の関係 ─―頭の良くなる剣道を勧める理由


非日常的なアニメ世界を堪能するのは、日頃のストレス解消にとても効果的です。難しい物語よりも、単純で分かりやすい無料アニメ動画などがおすすめです。
鞄などを持たずに出かけたい男の人にとって、スマホで無料電子書籍が楽しめるというのは素晴らしいことです。いわばポケットに保管して本を持ち歩くことができるわけです。
漫画が何より好きなのをあまり知られたくないと言う人が、このところ増えているようです。自室に漫画を放置したくないとおっしゃる方でも、BookLive「右脳と剣道の関係 ─―頭の良くなる剣道」越しであれば誰にも知られず漫画を満喫できます。
漫画や雑誌は、ショップで少し読んで買うかを決める人ばかりです。けれど、ここ最近はBookLive「右脳と剣道の関係 ─―頭の良くなる剣道」のサイトで1巻だけ買ってみてから、その書籍をDLするか判断するという方が増えつつあります。
スマホ経由で電子書籍を買っておけば、バスや電車での通勤中や昼食後のフリータイムなど、場所を選ぶことなく楽しめます。立ち読みもできるようになっていますから、本屋に行くまでもないのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ