BookLive「ブックライブ」のラクして成果が10倍になる「仕組み」の作り方無料試し読みコーナー


 あなたは、今より10倍の収入を得ようとしたらどうするだろうか? また、どうしたらいいかわかっているだろうか? あるいは、10倍の仕事の成果を出すには、何をするだろうか? 自分の1日は24時間。これはそのままであって増やせない。当然、限界はある。 では、どうしたらいいか? 10倍の成果・10倍の収入は、あなたを別次元へと導くことだ。単純に今の収入を10倍にしたあなたを想像してみてほしい。それには、仕組みをつくることに尽きる。そして、成功するまでやめなければ、世の中に失敗はない。少なくとも、「成功に向かっている途中」と言うことができるのだから。「何を当たり前な」と思うかもしれない。 しかし、大半の人は途中であきらめてしまうものだ。だから成功できない。成功するまでやめない。これを今後のあなたの行動指針としてみよう。本書はいわば、10倍の成果を出し、収入を増やすためのマニュアルだ。あなたは、書かれたとおりに学んで、心構えを変えて、実行していくだけでいい。もしも、あなたが今までビジネスをしていて、「どうも思うように成果が出ない」「労力の割に成果につながらない」と思っていたら、それがあなたの能力そのものということはまずないものだ。 しかし、労少なくして成果が大きい人間はいる。なぜか? キーワードは能力ではなくて、繰り返すが仕事の仕組みなのだ。 松本幸夫氏は、この仕組みができてきたことで、年間の著書の冊数が3冊から15冊になった。5倍なので来年は30冊以上にしようとしている。もちろん楽勝だ。 研修の仕事も増やしながら、なおかつ本の著書も増やしていくのだから、仕組みの力は恐ろしい。しかも、海外旅行をしたり、ワインを楽しんだりといったプライベートも今までよりずっと充実している。 成果の差は能力差にあらず、仕組みをつくるかつくらないかだけの差だ。しかし、これは思いのほか大きな結果の差となってしまう。「段取り」というのは、仕組みづくりのひとつにほかならない。本書では、それらも含めて、さらに土台となる「心構えの仕組みづくり」そして、成功して10倍の成果を上げるには、人の協力なくしてはできないので、「人間関係の仕組みづくり」などの中身も加えて、あなたが成功するための実践的マニュアルになっている。ぜひ、本書を読んで、「収入が10倍になりました!」、「最小の労力で10倍の成果の出し方がわかりました!」といったうれしい報告をしてほしい。
続きはコチラ



ラクして成果が10倍になる「仕組み」の作り方無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ラクして成果が10倍になる「仕組み」の作り方「公式」はコチラから



ラクして成果が10倍になる「仕組み」の作り方


>>>ラクして成果が10倍になる「仕組み」の作り方の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ラクして成果が10倍になる「仕組み」の作り方の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はラクして成果が10倍になる「仕組み」の作り方を取り揃えています。ラクして成果が10倍になる「仕組み」の作り方BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとラクして成果が10倍になる「仕組み」の作り方は540円で購入することができて、ラクして成果が10倍になる「仕組み」の作り方を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでラクして成果が10倍になる「仕組み」の作り方を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ラクして成果が10倍になる「仕組み」の作り方を勧める理由


「詳細を把握してからでないと不安だ」と言われるユーザーからすれば、無料漫画は長所だらけのサービスだと言っていいでしょう。販売者側からみても、新しい顧客獲得に期待が持てます。
コミック本というものは、読了後に本買取専門店などに売りさばこうとしても、二束三文にしかなりませんし、再読したいなと思ったときに最購入する羽目に陥ります。スマホで使える無料コミックなら、収納スペースが不要なので片付けに困ることはありません。
販売部数の伸び悩みが指摘される中、電子書籍は今までとは違う仕組みを導入することで、購入者数を増やしつつあります。革新的な読み放題という利用の仕方がそれを実現させました。
容易にダウンロードして楽しむことができるのが、無料電子書籍のメリットです。ショップまで出掛る必要も、インターネットで申し込んだ書籍を送ってもらう必要もありません。
BookLive「ラクして成果が10倍になる「仕組み」の作り方」が大人に支持されているのは、小さかった頃に何度も読んだ作品を、新鮮な気持ちで手軽に閲覧できるからに違いありません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ