BookLive「ブックライブ」の段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術無料試し読みコーナー


 どのようにしたらビジネス・プレゼンテーションを成功させられるか、これが本書のテーマだ。 現代は「プレゼンテーションの時代」といってもおかしくないくらいに、さまざまな機会にプレゼンテーションが行なわれるようになってきた。その目的は、聴衆を説得し、意思決定させ、さらには行動に移させること。あるいは、発表会や方針管理のように、情報の伝達を主目的とすることもある。 プレゼンテーションの基本は変わらないが、学術会議と商品説明では、同じプレゼンテーションといっても注意すべきポイントは、かなり異なる。プレゼンテーションの目的として、あらゆる分野で共通しているのは、表現・伝達・説得等を目的にしているということだ。だから、規模の大小はあっても、国家間での交渉事も、子供のこづかい値上げも「プレゼンテーション」といえる。 本書では、目的や状況に応じたプレゼンテーションの具体的な方法を説いたので、皆さんのニーズに合わせて活用してもらえる。 ただ、いかに技術を身につけたとしても、実際に行なうのは人間。従来のプレゼンテーションにおいては、視覚機器や技術面でのハードは重視されてきたが、人間的なソフトの面がややおろそかにされていた。聴衆との問に円滑なコミュニケーションを図るのが、今後のプレゼンターの大きな役目となるので、本書では、人間的側面からもプレゼンテーションをとらえてみた。 プレゼンテーションというのは、「本番」だけが全てではない。むしろ、会場の設営や聴衆分析、オリエンテーション、リハーサルといった段階で、成否が決まるといっても過言ではない。もちろん、本論・主張ポイントが充実しているというのは大前提だが、その上で徹底して準備しておくことが成功の秘訣になる。準備に時間をかけるだけでも、実際のプレゼンテーションでは落ち着いて、堂々とした態度で進めていける。 アメリカのある調査では、一流企業の役員クラスの実に七割以上が、コミュニケーションを改善していくことによって、現在の地位を築いたと答える。プレゼンターと聴衆との双方向のコミュニケーション、これがプレゼンテーションに他ならない。つまり、プレゼンテーション能力が、社会的に認められるために必須の「武器」ともいえるわけだ。 ビジネスに限らず、世の「一流」と呼ばれる人ほど、人一倍練習して汗を流している。本書を練習のためのガイドブックとして、ぜひ一流のプレゼンターとして活躍を目指してほしい。
続きはコチラ



段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術「公式」はコチラから



段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術


>>>段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術を取り揃えています。段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術は540円で購入することができて、段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術を勧める理由


余計なものは持たないという考え方が少しずつに支持されるようになった今の時代、漫画も紙という媒体で持つのを避けるために、BookLive「段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術」を経由して閲覧する方が急増しています。
電子書籍も一般の書籍同様に情報が商品ということになるので、期待外れな内容でも返品することはできません。だから面白いかを確認するためにも、無料漫画に目を通すようにした方が良いと思います。
「すべての漫画が読み放題であれば良いのに・・・」という利用者目線の発想に応えるべく、「月額料を支払えば個別料金は発生しない」というスタイルの電子書籍が登場したのです。
購読した漫画はあれこれ販売されているけど、手に入れたとしても狭くて収納できないという話をよく聞きます。だから収納スペースの心配などしなくても良いBookLive「段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術」の利用が増えてきているのでしょう。
買うより先にストーリーを知ることができるのなら、読了後に悔やまずに済むのです。普通の書店で立ち読みをする時と同じように、BookLive「段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術」におきましても試し読みをすれば、内容を把握できます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ