BookLive「ブックライブ」の1分間回復法?「心」と「体」の疲労が一瞬で消える無料試し読みコーナー


 会社員、派遣社員の睡眠は、4~5時間も珍しくない。たまに睡眠時間が確保できてもストレスで熟睡は無理だし、熟睡できても何日かでは慢性的な疲れは消えない。長時間労働で体はバリバリにこわばり、人間関係や不況、大震災のやり場のない怒りなどで心もくたびれきっている。 簡単ですぐできる自分なりの回復法を持たなければ、とてももたない。 松本幸夫氏は若い頃、インドに渡ってヨガの修行をしたが、修行者でない一般人でも瞑想や体操で心身の健康を目ざす人がたくさんいた。また、その後に、旅行などで立ち寄った中国や台湾などでも、公園に行くと昼夜を問わず大勢の人が太極拳や呼吸法を実践しているのに驚かされた。 それにひきかえ日本人は朝から晩まで気ぜわしく働いてばかりで、健康になんと無頓着なのかと反省させられた。そこで、回復法について調べると、二つのことがわかった。? 自分なりの方法が一つか二つあればよい。?それが見つかるまでは、できるだけ多種多様な方法を試すのがよい。前者の代表が、100歳近くまで長生きした、松本氏の家の近所の男性。大酒飲みだったが、ただ一つ真向法という健康体操だけは毎日欠かさなかった。 後者の代表が、心身統一法を創始した日本初のヨガ行者の中村天風。天風も、回復法はクンバハカという一種の呼吸法に帰結するが、そこに至るまでには、ヨガから瞑想、肉体鍛錬まであらゆる方法を試した。だからこそ、今も多くの人が信奉するほどの心身健康法を確立できた。 松本氏は、若い頃に修練を積んだヨガや格闘技などのおかげで、心身のバランスをある程度、体得しているが、たくさんの回復法を編み出したり、試したりしてきたが、なんとか1分間でできないかと思案した。残念ながらすべてが1分間というわけにはいかず、3分間かかったり、中には半日がかりで意識を高めるようなものもあるが、究極まで簡略化することはできた。例えば、 1分間横になる。タイミングは、「疲れたかな」と感じたその時がベスト。特に何もしないで、ゴロンとしているだけでいい。 そんな方法を集めたのが本書。ぜひ実践して自分なりの方法を1つか2つ見つけてほしい。 1週間の疲れを1日で取ることはできない。しかし、1時間の疲れを1分間で完全に取り去ることならできる。そして、それを実践していくうちに、疲れない「体質」「心質」になっていく。これからますます厳しくなる時代を乗り切る力を、本書で養ってほしい。
続きはコチラ



1分間回復法?「心」と「体」の疲労が一瞬で消える無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


1分間回復法?「心」と「体」の疲労が一瞬で消える「公式」はコチラから



1分間回復法?「心」と「体」の疲労が一瞬で消える


>>>1分間回復法?「心」と「体」の疲労が一瞬で消えるの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)1分間回復法?「心」と「体」の疲労が一瞬で消えるの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は1分間回復法?「心」と「体」の疲労が一瞬で消えるを取り揃えています。1分間回復法?「心」と「体」の疲労が一瞬で消えるBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると1分間回復法?「心」と「体」の疲労が一瞬で消えるは540円で購入することができて、1分間回復法?「心」と「体」の疲労が一瞬で消えるを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで1分間回復法?「心」と「体」の疲労が一瞬で消えるを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)1分間回復法?「心」と「体」の疲労が一瞬で消えるを勧める理由


スマホやパソコンを使い電子書籍を買えば、職場までの移動中や昼食後のフリータイムなど、いつでもどこでも読めます。立ち読みも気軽にできるため、本屋まで出かけるなどという必要性がありません。
BookLive「1分間回復法?「心」と「体」の疲労が一瞬で消える」を使用すれば、自分の家に本棚のスペースを確保する必要は皆無です。新刊が出たからと言って書店に足を運ぶ必要もありません。このような利点から、顧客数が増えているようです。
一昔前に大好きだった感慨深い漫画も、BookLive「1分間回復法?「心」と「体」の疲労が一瞬で消える」として販売されています。一般の書店では買うことができないようなタイトルも様々にあるのが凄いところです。
店舗では扱っていないであろう懐かしいタイトルも、電子書籍には置かれています。無料コミックの中には、中高年層が中高生時代に堪能し尽くした漫画なども見られます。
無料漫画が楽しめるということで、ユーザーが増加するのは当然の結果です。本屋とは異なり、他人の目を憚ることなく立ち読みすることが許されるというのは、電子書籍だけの利点です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ