BookLive「ブックライブ」のシャイな自分を味方につけて人生をもっとお気楽にする10日間トレーニング無料試し読みコーナー


あがり癖は、あなたが「誠実」だからと松本幸夫氏は指摘する。 実は、松本氏は、以前人前に出ると顔が赤くなってしまい、しどろもどろの「超あがり症」だった。しかし今では、毎日のように20人、30人、時には200人位の前で話をするのを仕事とし、しかも楽しくやれているという。 昔、話術の名手といわれラジオでも活躍した、徳川夢声という人がいた。彼は、「話し方のコツは間の取り方にある」と説いた。「何を話すのか」ではなく「何を話さないか」。つまり、「話さない」ことが大切なのだと語った。 松本氏も、ドギマギして会話の間をつくってしまうのが恐怖だったという。言葉に詰まり無言になると、「あの人緊張してしまっている」「黙っちゃって変だな」などと人に思われてしまうのではないかと悩んだ。だが、本当は間や沈黙は悪いことではない。 もしも、ペラペラと話ができたとしても、「この人とても思慮深い」、「誠実な人」、「落ち着いている」とは思われないだろう。 少々沈黙したり、話の途中に間があったり、ドギマギしている様子のほうが、相手に「好感」をもたれるもので、慎重、誠実、思慮深い、親しみやすいというイメージがつきやすい。 方言で話すことも同じで、自分の土地の言葉でじっくりと話せば、それがその人の「味」となり、人から好意的にとられる場合が多い。 あなたがドギマギしたとしても、それが好印象につながる。そう思ったなら少しは安心して話ができるのではないだろうか。 だから、「ドギマギ・あがりは悪いことだ」という思い込みをぜひ改めてもらいたい。現実にはうまくいかないことが多く、結果、いつものようにあがってしまう。盲点は、「現状を知る」ことをおろそかにしているか、まったく考えていないことにある。つまり、当てはまるケースと、そうでないケースがあり、「現状」をしっかりつかまない限り適切な対処法が「処方できない」というのが正しい。だから、「聴衆をニンジンだと思うこと」によって、堂々と話せる人もいる。孫子の兵法の中に、「彼(敵)を知り己を知れば百戦危うからず」とあるように、まず己を知ることが、あがりをやっつけるためには不可欠なのだ。 あなたがそんなプロをめざすのなら、いくらでも力になりたいし、まったくその気がないとしても、どうしたらドギマギせずに堂々と自信をもって、言いたいことを言いたいときに伝えられるか、本書が必ず手助けとなるだろう。
続きはコチラ



シャイな自分を味方につけて人生をもっとお気楽にする10日間トレーニング無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


シャイな自分を味方につけて人生をもっとお気楽にする10日間トレーニング「公式」はコチラから



シャイな自分を味方につけて人生をもっとお気楽にする10日間トレーニング


>>>シャイな自分を味方につけて人生をもっとお気楽にする10日間トレーニングの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)シャイな自分を味方につけて人生をもっとお気楽にする10日間トレーニングの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はシャイな自分を味方につけて人生をもっとお気楽にする10日間トレーニングを取り揃えています。シャイな自分を味方につけて人生をもっとお気楽にする10日間トレーニングBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとシャイな自分を味方につけて人生をもっとお気楽にする10日間トレーニングは540円で購入することができて、シャイな自分を味方につけて人生をもっとお気楽にする10日間トレーニングを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでシャイな自分を味方につけて人生をもっとお気楽にする10日間トレーニングを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)シャイな自分を味方につけて人生をもっとお気楽にする10日間トレーニングを勧める理由


“無料コミック”であれば、現在購入を検討中の漫画を試し読みで確かめることができます。決済する前に漫画の内容を一定程度まで把握可能なので、非常に重宝します。
仕事がとても忙しくてアニメを見ることが出来ないという場合には、無料アニメ動画が重宝します。テレビ放送のように、毎週定時に見るなどということはしなくていいので、暇な時間を使って視聴可能です。
スマホユーザーなら、BookLive「シャイな自分を味方につけて人生をもっとお気楽にする10日間トレーニング」を気軽に楽しむことができます。ベッドに寝そべって、眠りに入るまでのリラックスタイムに見るという人がたくさんいるそうです。
テレビ放送されているものを毎週逃さず視聴するのは面倒臭いという人でも、無料アニメ動画という形で視聴できるものなら、自分自身の都合に合わせて見ることも叶うのです。
実写化で話題の漫画も、無料コミックを利用すれば試し読みできます。スマホやタブレット上で読めるわけですから、他人にバレたくないとか見られるのは嫌な漫画も秘密裏に楽しめるのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ