BookLive「ブックライブ」の1日を2倍に使う! すごい時間術無料試し読みコーナー


松本幸夫氏は、年に100回くらいタイムマネジメント・仕事術をテーマに研修・講演を行っている。また、ここ6、7年は同じテーマで本も10数冊出してベストセラーになった。 「時短」「ノー残業」などが時流の中で、「ニーズが多いテーマ」なのだということはよくわかるが、松本氏は反省している。 それは、あまりにも効率化一辺倒で説きすぎたために、「効率化そのもの」が目的になってしまった感があることだ。そして、それは研修の受講者や読者にも伝染している。「仕事を効率化すればいい」、「残業時間を減らせばいい」と。 ムダな効率化があれば、もう一方に役立つ効率化というものがある。 このやり方が、本書のテーマにもなっている。つまり、仕事をサッと終えてしまう作業スピードを上げること。そしてスピードのみならず上手な「段取り力」を身につけること。そして、「仕事の手順」であり、「組み合わせ」だ。段取り力がなければ、ただスピードを上げて仕事をしたところで、「あっ、やり直し」などとなって、かえって時間がかかってしまう。 また、単に時間が空いたところに新たに仕事を入れこんでしまえば、魔のサイクルに陥りかねない。だが、「効率化が目的」「タイムマネジメントが目的」というのはおかしいのだ。それはあくまでも手段にしかすぎない。その先にあるものが本当の目的だ。 つまり、なぜ効率化するのか? 何のためのタイムマネジメントなのか、を考えなければならない。 本書では、その点について突っ込んでいる。「効率化に先立つもの」「タイムマネジメントの究極の目的は何か?」が、本書の中ではっきりしていくだろう。その上で、●優先順位のつけ方がよくわからない●スケジュールはどう立てるべきか●スキマ時間を有効に使いたい●時間ドロボウをなくしたい など、「効率化」するための具体的なテクニックがすべて本書で理解できる。 松本氏も常に「中身の進化」を心がけている。同じテーマ、似たテーマであっても、「最新版」を読者に届けたいと願っている。また、年100回は行なっている「タイムマネジメント研修」の受講者にはとても感謝しているという。彼らの生の声もヒントになり、本書にはその最新の考え方や理論が盛り込まれているからだ。だから、本書は、時間術・仕事術の中での松本氏の「最新エッセンス」が詰まっている。 「タイム・イズ・ライフ」。本書を読むことによって、いい人生があなたに訪れる。
続きはコチラ



1日を2倍に使う! すごい時間術無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


1日を2倍に使う! すごい時間術「公式」はコチラから



1日を2倍に使う! すごい時間術


>>>1日を2倍に使う! すごい時間術の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)1日を2倍に使う! すごい時間術の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は1日を2倍に使う! すごい時間術を取り揃えています。1日を2倍に使う! すごい時間術BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると1日を2倍に使う! すごい時間術は540円で購入することができて、1日を2倍に使う! すごい時間術を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで1日を2倍に使う! すごい時間術を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)1日を2倍に使う! すごい時間術を勧める理由


顧客の人数が増えていると言われているのが、この頃のBookLive「1日を2倍に使う! すごい時間術」です。スマホで漫画をエンジョイすることが可能なわけですから、場所をとる本を携行する必要もなく、手荷物の軽量化が図れます。
無料漫画に関しましては、書店での立ち読みに近いものだと捉えることができます。本の内容をざっくりと確かめた上で買えますので、ユーザーも安心です。
スマホやパソコンに読みたい漫画を全部入れることにすれば、本棚が空いているかどうかについて気に掛けることも不要になります。物は試しに無料コミックから目を通してみると良さが実感できます。
「サービスの比較はせずに選んだ」と言われる方は、無料電子書籍はどれもほぼ同じという感覚なのかもしれないですが、細かなサービスは各社それぞれ異なりますから、比較検討してみることは意外と重要です。
スマホで見る電子書籍は、ご存知かと思いますが文字のサイズを自分用に調節することができますから、老眼で近場が見えない高齢者でも、十分楽しむことができるという特長があると言えます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ