BookLive「ブックライブ」の10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術無料試し読みコーナー


 あなたは、「サボる」というと、どういう印象を持つだろうか? おそらく大半の人は、「サボるのは悪い」「サボっては成果が出ない」「とんでもないこと」など、負のイメージを当然持つだろう。 何といっても、学生時代に「授業をサボる」といったら、とうてい良いこととは思えなかったはずで、「悪いことをしている」という意識のもとに授業をサボる。もちろんこれは良くないことはいうまでもない。つまり学生の本分である勉強をしないこと、授業を受けないことはイコール悪、ダメなことということだ。 もちろんこれは、学生のみならず、社会人でも全く同様である。「やるべき仕事をしないこと」というのは、ダメなことだ。悪である。 だが、サボるのは良いことというのが、本書のテーマでは? と疑問を持たれるだろう。 その通り、サボるのは良いことだが、同時に悪いことでもある。 何やら禅問答めいているが、2つとも正解だ。 なぜか? それは、サボるといっても正と負2つの種類があるからだ。 松本幸夫氏が提案するのは、「正」のサボりであって、これは良いことなので、どんどんサボろう、ということなのだ。 デキる人ほど上手にサボる。サボりの達人が仕事の達人。サボらなければ、ビジネスパーソン失格とさえ、松本氏は指摘する。 同時に、「負」のサボりは極力避けること。これは、あなたの仕事の効率を落とし、デキないビジネスパーソンへの道へあなたを進ませてしまう恐ろしいものでもある。 この2つのサボりの違いについては、本書で詳しく説明される。 まず記憶して欲しいのは、「サボらない人」→仕事の効率が悪い→成果が出ない→自信をなくす・失敗、坂道転落人生。「サボる人」→仕事の効率が良い→成果が上がる→自信・達成感を味わう→登り坂の成功人生。サボらない人には、「失敗、坂道転落人生」が先に待っているが、上手に「正」のサボりのできる人、つまりサボりの達人は、「登り坂の成功人生」を歩むことができるのである。 ぜひ、立派なサボりの達人になっていただいて、成功人生を歩んで欲しい、というのが本書の狙いだ。 40にして惑わず、50にして天命を知るなどと孔子も説いたように、人生50歳は「悟り」を得ていてもおかしくない年齢であろう。 若手ビジネス作家、若手研修講師などといわれていた松本氏も、いつの間にかその年になって、何か「世のため人のため」になるような良い本を書いていきたいと強く想うようになり、サボりの思想というのは、そんな松本氏からあなたへの贈り物であり、その思想がぎゅっと詰まった一冊になっている。
続きはコチラ



10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術「公式」はコチラから



10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術


>>>10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術を取り揃えています。10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術は540円で購入することができて、10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術を勧める理由


“無料コミック”であれば、買った方が良いかどうか迷っている漫画の一部分を料金なしで試し読みすることができるようになっています。購入前にストーリーの流れなどを一定程度まで確認できるので、とても有益なサービスだと言えます。
内容が分からない状態で、表題を見ただけで買うかどうかを決めるのは冒険だと言えます。試し読み可能なBookLive「10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術」というサービスを利用すれば、大体の内容を知った上で購入できます。
雑誌や漫画を含めた書籍を購入する時には、数ページめくって中身を確認した上で判断する人が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読みと変わらない感じで中身を確かめることが可能です。
スマホを所有していれば、気の向くままに漫画の虫になることが可能なのが、コミックサイトの売りです。買うのは単冊ごとというスタイルのサイトや1カ月定額料金のサイトなどに分類できます。
電子書籍も普通の本と同じで情報が商品なので、自分に合わない内容でも返金請求はできません。従いまして面白そうかを確かめるためにも、無料漫画を読む方が良いのは間違いありません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ