BookLive「ブックライブ」の話ベタでも10分、ラクに話せる85のルール無料試し読みコーナー


 本書は、明るい気持ちでうまく話せるコツをたくさん集めたものだ。「話すのは気が重い」「本当は発言したくないんだけど」という人に読んでほしい。スーッと心身が軽くなり、びっくりするほどうまくしゃべれるようになる。 松本幸夫氏は、極度のあがり症だった。話術以前に、しゃべること自体が嫌いだった。当時の松本氏より話ベタな人は、読者に一人もいないはずだ。 松本氏は、貧しい家に生まれたから人一倍お金持ちになりたいと思い、努力した。そして気づいた。うまく話そうとするから、うまく話せない。自分なりに話せばいいと思えば、あがることなく、内容や気持ちを過不足なく伝えられるようになる。現在、松本氏は、会社の研修講師として、毎日のように日本のどこかで人前に立って話している。それができるのは、相手に余計な神経を使わなくなったからだ。「無神経ほど強いものはない」と勝海舟が『氷川清話』で言った通りなのだ。スキルや技術は重要ではない。「こうすればラクな気持ちで話せる」というポイントを知ることだ。そうなれば「絶対口ごもる」と思い込んでいても、最初の一言がサッと出るだろうし、十分間は話が続く。そこまで流れができれば、あとは大丈夫。社会生活では、同じ相手と何度も会話することになる。言い負かしては、あとがやっかい。その場だけとりつくろっても、化けの皮がはがれる。「自分なりに」が一番なのだ。研修で接する人の中には、感心するほどリラックスして話す人がたくさんいる。松本氏は、勝手に「昔は話ベタだったんだろうな。だからうまくなれたんだ」と憶測し、自分の「話し方ルールブック」に1行、その人のいい点をメモする。そうして、そのメモが、1冊の本になるくらいたまり、まとめたのが本書だ。 会議やプレゼン、面接、スピーチ、セミナーなど人前で話すのが「嫌だなあ」と思う時、30秒程ですぐ克服できるようなコツを選んで、紹介している。例えば、人間は「心身一如」だ。心を整えるには体を整えればよく、体を変えるには心を変えることから入る。だから、心理的な要素がからむ血や気、重心を下げるには、体をジャンプさせればいいのだ。 大勢の人の前で話す時のコツは、松本氏の講師体験から抜き出し、コラムとしてつけ加えた。自分に向きそうなものから試してみよう。話術で重装備した弁舌より、力の抜けた自然体で話すほうが、自分も相手もラクなことを実感できるだろう。
続きはコチラ



話ベタでも10分、ラクに話せる85のルール無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


話ベタでも10分、ラクに話せる85のルール「公式」はコチラから



話ベタでも10分、ラクに話せる85のルール


>>>話ベタでも10分、ラクに話せる85のルールの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)話ベタでも10分、ラクに話せる85のルールの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は話ベタでも10分、ラクに話せる85のルールを取り揃えています。話ベタでも10分、ラクに話せる85のルールBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると話ベタでも10分、ラクに話せる85のルールは540円で購入することができて、話ベタでも10分、ラクに話せる85のルールを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで話ベタでも10分、ラクに話せる85のルールを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)話ベタでも10分、ラクに話せる85のルールを勧める理由


あえて無料漫画を提示することで、サイト訪問者を増やしそこから販売につなげるのが業者にとっての目論みですが、当然ですが、ユーザー側にとっても試し読みができるので、躊躇なく購入できます。
数年前に出版された漫画など、お店では取り寄せしてもらわないと買い求めることができない本も、BookLive「話ベタでも10分、ラクに話せる85のルール」形態で多く取り揃えられているため、その場で直ぐに買い求めて読めます。
常日頃より山ほど漫画を買う人にとっては、一定の月額費用を納めることによっていくらでも読み放題でエンジョイすることができるというプランは、まさしく斬新だと高く評価できるでしょう。
電子書籍ビジネスにはいくつもの企業が進出してきているので、何としても比較してから「どの電子書籍をセレクトするのか?」を決めることが大切です。本の種類が多いかとかコンテンツ、価格などを比べてみると間違いありません。
マンガの購読者数は、年を追うごとに少なくなっている状態なのです。古くからのマーケティングにこだわることなく、0円で読める無料漫画などを前面に打ち出すことで、新たな顧客の獲得を企てています。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ